シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

ついに日本映画の鬼門が破られた!

  • アイアムアヒーロー
    ★★★★

    正直な話「今の東宝が、ここまでやってくれるとは…」。これまで日本映画の鬼門だったゾンビ映画だが、しっかり予算を費やし、韓国ロケなど時間をかけて撮影。さらに妥協なきグロ描写と、制作陣の本気度から、ジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』のオマージュたっぷりな、胸張って世界に出せる作品に仕上がった。原作からの脚色はいくつかあるが、花沢健吾原作おなじみの泥臭い人間ドラマも、クライマックスでの大虐殺もしっかり映像化。ハマリ役にしか見えない大泉洋を筆頭に、濃ゆいキャストがひしめくなか、みーちゃん役の栗田恵美の健闘も買いたい。佐藤信介監督作としても、『GANTZ』(もちろんPART1)と並ぶベスト作といえる。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、映画やCDでAKB48のオフィシャルを担当するなど、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『イップ・マン 継承』『ホワイト・バレット』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな! 」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか「DVD&ブルーレイでーた」にてパク・チャヌク監督、ナ・ホンジン監督、「CREA」にて山崎賢人、「CREA WEB」にて平岡拓真、「dmenu映画」にて川口春奈のインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク