シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
作品情報 | その他の作品のレビュー

太陽の蓋 (2016)

2011年3月11日、午後2時46分。東日本大震災が発生し、その影響を受けて福島第一原子力発電所で事故が起きる。日本全国が大混乱に陥り、さまざまな情報が錯綜する中、菅直人首相(三田村邦彦)らの官邸内での様子と原発事故を追う新聞記者・鍋島(北村有起哉)は、情報収集に奔走する。やがて、首相や内閣官房長官・枝野幸男(菅原大吉)、内閣官房副長官・福山哲郎(神尾佑)、内閣総理大臣補佐官・寺田学(青山草太)といった官邸中枢の動きが浮かび上がってくるが……。


全0件
[PR]
スポンサード リンク
スポンサード リンク