シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
作品情報 | その他の作品のレビュー

太陽の蓋 (2016)

2011年3月11日、午後2時46分。東日本大震災が発生し、その影響を受けて福島第一原子力発電所で事故が起きる。日本全国が大混乱に陥り、さまざまな情報が錯綜する中、菅直人首相(三田村邦彦)らの官邸内での様子と原発事故を追う新聞記者・鍋島(北村有起哉)は、情報収集に奔走する。やがて、首相や内閣官房長官・枝野幸男(菅原大吉)、内閣官房副長官・福山哲郎(神尾佑)、内閣総理大臣補佐官・寺田学(青山草太)といった官邸中枢の動きが浮かび上がってくるが……。


※[外部サイトの続きを読む]はシネマトゥデイとは関係ない 外部のサイトにリンクしています。

全1件中1~1件を表示しています。
  • 『太陽の蓋』評価と感想/ドタバタぶりがコミカルな面も
    eigamanzaiの映画レビュー
    2017年5月8日 17時42分
    実話に基づくフィクション ☆3.5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ 太陽の蓋映画『太陽の蓋』の作品情報:東日本大震災を題材にしたドキュメンタリードラマ。東日本大震災とそれによる福島第一原子力発電所事故が発生した2011年3月11日からの5日間を、首相官邸内で対応に当たった者たちと東京・福島の人々を対比させて映す。監督は、テレビドラマ「マジすか学園」シリーズなどの佐藤太。www.cinematoday.jp 太陽の蓋|映画情報のぴあ映画生活『太陽の蓋』は2015年の映画。『太陽&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
全1件中1~1件を表示しています。
[PR]
スポンサード リンク