シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
FLIX MOVIE Sitecollaboration withYAHOO! Movies
タイヨウのうた 6月17日(土)全国ロードショー 『タイヨウのうた』では全国2万人泣き祭り大試写会 応募受付中!・Yahoo!ムービーユーザーレビューに感想を書き込もう!
Yahoo!ムービー 作品詳細『タイヨウのうた』オフィシャルサイトタイヨウ兄弟が行く! 『タイヨウのうた』オフィシャルブログ
特報(動画) 予告編(動画)
毎週木曜更新 『タイヨウのうた』小泉徳宏監督 クローズアップ2006/4/27
『世界の中心で、愛をさけぶ』『いま、会いにゆきます』に続く“号泣必至の純愛映画”と期待されている『タイヨウのうた』。なんと監督を務めた小泉徳宏は、本作が長編デビュー作の新人監督なのです! 新人にも関わらず、こんなにも大物の俳優陣を使い、こんなにも質の高い作品を仕上げるとは……。名作を作り上げた監督とは一体どんな人なのでしょうか? その知られざる経歴と映画にかける情熱を紹介します。
熱いぜ! 映画製作に燃える仲間たち!!
「こんな感じでいこう!」とばかりに熱く語る小泉監督。
(C) 2006「タイヨウのうた」フィルムパートナーズ
全国2万人泣き祭り大試写会
東京地区
中野サンプラザ 5月11日(木)
開場18:00  開映18:30 1100組  2200名
締め切り:5月1日(月)
応募する
 
大阪地区 
厚生年金会館・大ホール 5月15日(月)
開場18:00  開映18:30 1200組 2400名
締め切り:5月8日(月)
応募する
 
名古屋地区 
愛知県勤労会館 5月14日(日)
開場9:30  開映10:00 150組300名
締め切り:5月7日(日)
応募する
 
愛知県勤労会館 5月14日(日)
開場13:00  開映13:30  600組1200名
締め切り:5月7日(日)
応募する
 
福岡地区
明治安田生命ホール  5月11日(木)
開場18:30  開映19:00 150組300名
締め切り:5月1日(月)
応募する
 
明治安田生命ホール 5月20日(土)
開場10:00  開映10:30 150組300名
締め切り:5月11日(木)
応募する
 
明治安田生命ホール 5月20日(土)
開場13:00  開映13:30 100組200名
締め切り:5月11日(木)
応募する
 
明治安田生命ホール 5月20日(土)
開場18:00  開映18:30 100組200名
締め切り:5月11日(木)
応募する
 
札幌
共済ホール  5月11日(木)
開場18:00  開映19:00 325組650名
締め切り:5月1日(月)
応募する
Yahoo!ムービー最新ユーザーレビュー
・試写会を見ました。心の中まで洗ってもらった気がします。
 
・映画観て泣いたの初めて。もう一度みたい。
 
・予告編見てください。もう泣けますから。
 
・ブラピの初主演映画「リック」を思い出しました。
 
・YUIの演技が楽しみです♪
 
・今年1番見たい映画です。
 
Yahoo!ムービーユーザーレビューを書く!見る!
タイヨウ兄弟が行く!「タイヨウのうた」公式ブログ
小泉監督は1980年生まれ、25歳の新人監督です。小泉監督は学生のころから映画が好きで、好きで、大好きで、ひたすら映画監督になることを切望していました。しかし、コネもお金もない一般学生が映画を撮影するなんて簡単にできることではありません。そこでその状況を打破すべく、小泉は2000年に自ら“I's film(アイズ・フィルム)”という組織を作り、映画を自主制作したい人たちが互いに協力できるように活動を始めました。「映画を作りたい人集まれ!」と呼びかける小泉監督の姿は、まさに熱き「映画魂」!
 
学生時代の「映画魂」はそのままに、卒業後は『踊る大捜査線』シリーズや『ALWAYS 三丁目の夕日』などヒット作を生み続ける制作会社ROBOT映画部に入社。以前は岩井俊二監督も所属していた由緒正しき会社です。『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督、『海猿 ウミザル』シリーズの羽住英一郎監督などに囲まれ、いつかはおれも! とチャンスをうかがっていましたが、突然降ってわいた『タイヨウのうた』企画。しかも、いきなり全国公開のメジャー作品ということで、監督自身も最初はびびったそうです。長編初監督ながらも、細かい心情を描き出すテクニックは、数々の短編作品で養ってきた技術と経験のたまものです。
すでに受賞経験のある実力派新人監督

中央にいるキャップをかぶっているのが監督です。
(C) 2006「タイヨウのうた」フィルムパートナーズ
学生時代から精力的に映画を作ってきた小泉監督は、すでに『行列のできる刑事』『Mother』『悲劇』などといった短編作品を何本も監督した実績があります。しかも出来上がった作品は学生監督が撮ったとは思えないほど質が高く、多くの観客が褒めそやしています。中でも最も評価の高い作品が『文金高島田二丁目』です。監督自身が“失笑ドラマ”と評する本作は、第14回東京学生映画祭でグランプリをとったほか、水戸短編映像祭で審査員奨励賞を受賞するなど、知る人ぞ知る名作なのです。
 
物語の内容は、売れないお笑い芸人と、その芸人を誘拐した誘拐犯、さらに誘拐された芸人の相方が織りなすコメディタッチのサスペンスドラマ。撮影だけでなく編集作業にもこだわる小泉監督は、音と映像の融合を目指して2か月間試行錯誤を繰り返したそうです。そのこだわりの姿勢こそ、すでに新人の域を越えている小泉監督のすごいところなのです。
熱い映画で、 みなさん泣きませんか?

『タイヨウのうた』の撮影現場より。重要なバス停のシーンです。
(C) 2006「タイヨウのうた」フィルムパートナーズ
「クサイ映画しか作れませんよ」と公言する小泉監督は、その撮影方法もかなり熱いです。路上で勝手に撮影をして警察に怒られたり、撮影用の桜の花びらを1枚1枚拾って駅のトイレで洗ってみたりと、絵に書いたような“熱血映画ヤロウ”として撮影に挑みます。
 
そんなにも熱く撮影しているときは、自信満々でどんどん進んでいく監督ですが、そのテンションは完成に近づくにつれてどんどん低下し、上映前には自信喪失してしまうそうです。根っからのアーティストですね。そして出来上がった作品は、もちろん“直球映画”です。監督が言う“直球映画”とは、感動する映画という意味ですが、長編デビュー作となった『タイヨウのうた』も狙い通り直球です! 余命わずかのヒロイン、初恋、夢……。それらの要素がすべて絶妙なバランスで散りばめられ、観る者が感動の涙を流さずにはいられないのです。“直球”監督の“直球”映画を観て、良質の涙を流しましょう!
次回5/11更新は「胸キュンシーンをピックアップ」です!
バックナンバー
・『タイヨウのうた』YUIクローズアップ               4/20版
・『タイヨウのうた』塚本高史クローズアップ       4/13版
・セカチュウより泣ける『タイヨウのうた』って?   4/7版