BookLive!の評判13選|口コミ評価を徹底レビュー!4つのデメリットも紹介

BookLive!の評判13選|口コミ評価を徹底レビュー!4つのデメリットも紹介

※この記事にはアフィリエイト、および、アフィリエイト・リンクが含まれています。

「BookLive!の評判を知りたい」
「BookLive!のメリット・デメリットがわからない」

BookLive!は、スマートフォンなどで漫画を楽しめる電子書籍サービスです。しかし実際に使ってみないと、BookLive!のメリットやデメリットなどがわからない一面もあります。

今回は、BookLive!の評判を調査していきます。

目次

BookLive!の良い評判9選|利用者の声からわかるメリット

ここではまず、BookLive!の良い評判を確認していきましょう。

それぞれ順番に確認していきます。

評判1. 取り扱い冊数が多い|130万冊以上の国内最大級の品ぞろえの良さ

BookLive!は130万冊以上の作品を扱う国内最大級の電子書籍サービスです。

昨今、多くの電子書籍サービスがあるなかで、100万冊以上のタイトルをそろえるところはなかなかありません。

BookLive!が扱うジャンルは以下のとおりです。

【BookLive!のジャンル一覧】
  • 少年/青年漫画
  • 少女/女性漫画
  • TL漫画
  • BL漫画
  • ライトノベル
  • 小説/文芸
  • ビジネス書
  • 実用書
  • 雑誌
  • 写真集

ひととおりのジャンルの書籍が読めます。

電子書籍をよく利用する人はもちろん、はじめて使う人からも評判です。

評判2. 無料作品が充実|1巻まるごと読めるタイトルが2万冊以上

BookLive!には課金なしで読める無料作品が1万9000冊以上あります。これは電子書籍のなかでも多い方で、ユーザーからも評判です。

通常無料作品や試し読みというと数十ページや1話のみのところが多いですが、BookLive!は1巻まるまる読める作品も少なくありません。

じっくり読んでから続きを購入するか判断できる点もメリットのひとつでしょう。

評判3. 格安で利用できる|さまざまな種類の割引クーポンがある

BookLive!は全作品50%OFFクーポンなど、購入価格が大幅に値引きされるクーポンを頻繁に配布していて評判です。

BookLive!のこれまでの割引クーポンの一部を以下にまとめました。

クーポン名概要
初回登録半額クーポン・初回登録時に50%OFFクーポンをもらえる
・対象は全ジャンル
クーポンガチャ・1日1回クーポンガチャが引ける
・最大90%OFF
・最低でも10%OFF
まとめ買いクーポン・対象作品のまとめ買いが最大20%OFF

BookLive!のユニークな取り組みとして、クーポンガチャが挙げられます。これは1日1回引けるガチャで、最大50%OFFクーポンを入手できます。

引いたクーポンが気に入らなければ、使用前にBookLive!をSNSでシェアするともう一度引けます。

クーポンの種類の多さはもちろん、割引率の高さもユーザーから評判です。

評判4. セールの種類が豊富|漫画だけでなくビジネス書も対象

BookLive!は、クーポン同様割引セールも頻繁に開催しています。これまでBookLive!でおこなわれたセールの一部を以下にまとめました。

セール概要
90%OFF激安セール(定期開催)・対象書籍が90%OFF
6時間限定タイムセール・対象書籍が6時間限定で最大83%OFF
BookLive!8周年記念セール・5万冊以上の対象書籍が50%OFF
1冊まるごと無料セール(定期開催)・対象書籍が1冊まるごと無料
特大おすすめレーベルフェア・講談社文芸文庫レーベル、ブルーバックス&現代新書、現代新書の作品が最大70%OFF

上記以外にもさまざまなセールが開催されていて、どれも割引率の高さが特徴です。

期間限定のものもあれば、90%OFF激安セールのように定期的に開催されているセールもあります。

BookLive!ユーザーからはセールやキャンペーンの豊富さが評判とのことです。

評判5. ポイントが貯まりやすい|Tカードを持っているとさらにお得

BookLive!はポイントが貯まりやすいシステムだと評判です。

BookLive!の「来店ポイント」は、1日1回来店すると1ptもらえるサービスです。

1ptでも毎日ログインすれば30pt貯まるので、BookLive!を利用するほどにお得になります。

また毎週開催される「まとめ買いポイントバック」は、対象書籍をまとめ買いすると5〜10%ほどのポイントが還元されるサービスです。

毎週更新されて対象書籍も変わっていくので、幅広いユーザーから評判を得ています。

BookLive!は、Tポイントで支払いができるので、Tポイントも貯まりやすいのはメリットです。

評判6. 料金体系がシンプル|会員登録が無料で月額料金がない

BookLive!は会員登録無料の電子書籍サービスで、月額料金や年会費は必要ありません。

コースに登録せず都度払いで書籍を購入することも可能です。

なお月額コースは、2014年11月末日に終了しています。

しかし、2014年11月30日時点で月額ポイントコースに登録されている方は、月額ポイントコースの提供が継続されています。

以下では、BookLive!の6種類の月額コースを紹介します。

コース名月額料金(税込)初月付与ポイント(ボーナス)2カ月目以降付与ポイント(ボーナス)
月額ポイント500円500円500pt(0pt)550pt(+50pt)
月額ポイント1,000円1,000円1050pt(+50pt)1,100pt(+100pt)
月額ポイント2,000円2,000円2,150 pt(+150pt)2,250pt(+250pt)
月額ポイント3,000円3,000円3,250pt(+250pt)3,450pt(+450pt)
月額ポイント5,000円5,000円5,450pt(̟+450pt)5,800pt(+800pt)
月額ポイント10,000円10,000円11,000pt(+1,000pt)12,000pt(+2,000pt)

BookLive!の月額コースでは毎月ボーナスポイントが付与され、初月よりも2カ月目以降からポイント数が増えていきます。

長く利用するほどお得になっていく点も評判とのことです。

評判7. 使いやすい|明るさ調整やしおり機能がある

BookLive!には、以下のようなリーダー機能があり、ユーザーから評判です。

【BookLive!の評判なリーダー機能】
  • 「夜間モード」で画面を目に優しい明るさに調整できる
  • しおり機能で途中から読める
  • 本棚に鍵をつけられる
  • 「新刊オート購入」で好きな作品の新刊が出たら自動的に購入できる

また縦読みと横読みの両方が使える、読みたいページへジャンプできるなどの機能もあります。

評判8. 支払い方法が豊富|三省堂書店店頭決済サービスも利用可能

BookLive!は支払い方法が豊富で使いやすいと評判になっています。

BookLive!では以下の支払い方法が利用できます。

【BookLive!の支払い方法一覧】
  • クレジットカード
  • キャリア決済
  • スマホ決済(LINE Pay、PayPay、楽天ペイ)
  • 後払い(Paidy)
  • Tポイント
  • BookLive!ポイント
  • 電子マネー(モバイルsuica、楽天Edy、Google Pay、Bit Cash、WebMoney)
  • BookLive!プリペイドカード
  • 三省堂書店店頭決済サービス

三省堂書店店頭決済サービスでは現金で書籍購入が可能です。

現金支払いができる電子書籍サービスは少ないので、貴重といえるでしょう。

評判9. 安定感がある|運営元は大手の凸版印刷株式会社グループ

BookLive!を運営している株式会社BookLiveは、親会社が凸版印刷株式会社です。

凸版印刷株式会社は東証一部上場の大手企業なので、まず倒産することはありません。

電子書籍サービスはサービスが終了するとそれまで購入していた書籍が読めなくなる場合が多いですが、BookLive!はそういった心配もまずないでしょう。

BookLive!の悪い評判4選|利用者の声からわかるデメリット

続いて、利用者の声からわかるデメリットを見ていきましょう。

評判1. クーポンやセールの内容がいまいち|対象ジャンルが限られる場合もある

BookLive!のユーザーからは、クーポンやセールの内容がいまいちという悪い評判がありました。

何かしら割引クーポンがもらえ頻繁にセールが開催される点は魅力ですが、対象ジャンルが限られていることも少なくありません。

小説が読みたいときに小説に使えるクーポンがないと、せっかくの割引でもメリットを感じられません。

全ジャンル対応の割引クーポンが増えると、こうした悪い評判も薄まるでしょう。

評判2. Macだとアプリが使えない|ブラウザから読むしかない

BookLive!の悪い評判の2つめとして、Macユーザーはアプリを利用できない点が挙げられます。

WindowsならパソコンでBookLive!アプリを利用できますが、Macだとアプリが使えません。

ブラウザで読めばいいのですが、アプリを使いたい人にとっては致命的な仕様です。

Macユーザーの人はBookLive!を利用する前に確認しておきましょう。

評判3. Tポイントの還元率が悪い|会員だけだと他サービスよりも率が低い

BookLive!はTポイントで支払いができる点がメリットですが、その場合の還元率がほかの電子書籍サービスよりも低いです。

還元される分、決して評判は悪くないですが、他サービスと比べると還元率が見劣りしてしまいます。

Tポイントが使える主な電子書籍サービスの還元率をまとめました。

BookLive!はもっともベーシックなオレンジ会員を基準にしています。

サービス名Tポイントの貯め方Tポイント還元率
BookLive!商品購入金額に最大3%0.5%
ebookjapan100円(税込)ごとに1ポイント1%
Amebaマンガ108円(税込)ごとに1ポイント0.98%
マイナビBOOKS108円(税込)ごとに1ポイント0.91%

他サービスのTポイント還元率が約1%なのに対し、BookLive!は0.5%です。

Tポイントを効率よく貯めたい人は、ebookjapanなどほかのサービスがいいかもしれません。

評判4. 配信が遅い|作品によっては他サービスより遅れることも

BookLive!は、雑誌や作品によっては配信が他サービスよりも遅いことがあります。

一般的に電子書籍は紙の本よりも発売日が遅くなる傾向にありますが、BookLive!のユーザーからは雑誌によって発売日(配信日)がかなり遅れるという悪い口コミが見られました。

作品によって配信の早さはまちまちなのですが、新刊が出たらすぐに読みたいという人からは不満なのでしょう。

BookLive!より評判が良い?電子書籍サービス5社と比べてわかるメリット

次に、電子書籍サービス5社と比べてわかるメリットを見ていきましょう。

コミックシーモアと比較|取り扱い冊数はBookLive!のほうが多い

BookLive!とコミックシーモアを以下の表で比較してみました。

BookLive!コミックシーモア
取り扱い冊数130万冊以上約89万冊
無料作品数1万9000冊以上1万5000冊以上
料金体系■月額コース
500円:550pt(500pt+50pt)
1,000円:1,100pt(1,000pt+100pt)
2,000円:2,250pt(2,000pt+250pt)
3,000円:3,450pt(3,000pt+450pt)
5,000円:5,800pt(5,000pt+800pt)
10,000円:12,000pt(10,000pt+2,000pt)
※ポイント追加可能
■月額コース
330円:300pt
550円:550pt(500pt+50pt)
1,100円:1,150pt(1,000pt+150pt)
2,200円:2,450pt(2,000pt+450pt)
3,300円:3,690pt(3,000pt+690pt)
5,500円:6,200pt(5,000pt+1,200pt)
11,000円:12,500pt(10,000pt+2,500pt)
22,000円:26,000pt(20,000pt+6,000pt)
※ポイント追加可能

■ポイントプラス
ポイントプラス100:110pt
ポイントプラス300:300pt
ポイントプラス500:500pt
ポイントプラス1000:1,000pt
ポイントプラス2000:2,100pt(2,000pt
+100pt)
ポイントプラス3000:3,160pt(3,000pt
+160pt)
ポイントプラス5000:5,300pt(5,000pt
+300pt)
ポイントプラス10000:10,800pt(10,000pt+800pt)
ポイントプラス20000:22,000pt(20,000pt
+2,000pt)
ポイントプラス30000:33,000pt(30,000pt
+3,000pt)
ポイントプラス50000:56,000pt(50,000pt
+6,000pt)
運営会社株式会社BookLiveNTTソルマーレ株式会社
※すべて税込み

BookLive!とコミックシーモアは無料作品数はそれほど変わりませんが、全体の取り扱い冊数には大きな差があります。

より幅広いラインナップから選びたい人は、BookLive!がおすすめです。

好きなときに好きなぶんだけ課金したいという人はBookLive!のほうが使いやすいでしょう。

シーモアレンタルと比較|幅広いジャンルを読みたいならBookLive!がおすすめ

BookLive!とシーモアレンタルを以下の表で比較しました。

BookLive!シーモアレンタル
取り扱い冊数130万冊以上11万冊以上
無料作品数1万9000冊以上約1万5000冊(変動あり)
料金体系■月額コース
500円:550pt(500pt+50pt)
1,000円:1,100pt(1,000pt+100pt)
2,000円:2,250pt(2,000pt+250pt)
3,000円:3,450pt(3,000pt+450pt)
5,000円:5,800pt(5,000pt+800pt)
10,000円:12,000pt(10,000pt+2,000pt)
※ポイント追加可能
■月額コース
330円:300pt
550円:550pt(500pt+50pt)
1,100円:1,150pt(1,000pt+150pt)
2,200円:2,450pt(2,000pt+450pt)
3,300円:3,690pt(3,000pt+690pt)
5,500円:6,200pt(5,000pt+1,200pt)
11,000円:12,500pt(10,000pt+2,500pt)
22,000円:26,000pt(20,000pt+6,000pt)

※ポイント追加可能
運営会社株式会社BookLiveNTTソルマーレ株式会社
※すべて税込み

シーモアレンタルはコミックシーモアのレンタル版サービスです。1冊100~200pt台で2泊3日のレンタルができます。

シーモアレンタルの1冊あたりの料金の安さは魅力ですが、取り扱い冊数はBookLive!のほうがはるかに豊富です。

無料作品数もBookLive!のほうが多いので、総合的な使いやすさはBookLive!に軍配があがります。

シーモアレンタルは、ある程度読みたいジャンルが絞られていて、安い価格でよりたくさんの作品を読みたい人におすすめです。

コミックシーモア読み放題と比較|取り扱いジャンルや作品数はBookLive!が豊富

BookLive!とコミックシーモア読み放題を以下の表でまとめました。

BookLive!コミックシーモア読み放題
取り扱い冊数130万冊以上9万7000冊以上
無料作品数1万9000冊以上
料金体系■月額コース
500円:550pt(500pt+50pt)
1,000円:1,100pt(1,000pt+100pt)
2,000円:2,250pt(2,000pt+250pt)
3,000円:3,450pt(3,000pt+450pt)
5,000円:5,800pt(5,000pt+800pt)
10,000円:12,000pt(10,000pt+2,000pt)
※ポイント追加可能
読み放題ライト:780円
読み放題フル:1,480円
※ポイント追加可能
運営会社株式会社BookLiveNTTソルマーレ株式会社

※すべて税込み

コミックシーモア読み放題は、2種類のコースから自分に合った読み放題プランを選べる電子書籍サービスです。

定額読み放題は費用面で非常にお得ですが、コミックシーモア読み放題はラノベやBL作品のラインナップは豊富なものの、少年漫画などのほかジャンルは少ないです。

ラノベやBL作品をメインに読みたい人にはいいですが、それ以外だとメリットが少ないかもしれません。

ラノベやBL作品をポイント消費を気にせず読むならコミックシーモア読み放題、それ以外のジャンルを幅広く楽しむならBookLive!がおすすめです。

ebookjapanと比較|はじめて電子書籍サービスを利用するならBookLive!がおすすめ

BookLive!とebookjapanを以下の表で比べました。

BookLive!ebookjapan
取り扱い冊数130万冊以上80万冊以上
無料作品数1万9000冊以上5000冊以上
料金体系■月額コース
500円:550pt(500pt+50pt)
1,000円:1,100pt(1,000pt+100pt)
2,000円:2,250pt(2,000pt+250pt)
3,000円:3,450pt(3,000pt+450pt)
5,000円:5,800pt(5,000pt+800pt)
10,000円:12,000pt(10,000pt+2,000pt)
※ポイント追加可能
都度購入制
運営会社株式会社BookLive株式会社イーブックイニシアティブジャパン、ヤフー株式会社
※すべて税込み

BookLive!とebookjapanは、どちらもTポイントを利用できる電子書籍サービスです。

BookLive!のTポイント還元率が0.5%なのに対し、ebookjapanは1%とポイント還元率が高い点が特徴です。

還元率を重視するならebookjapanのほうがいいでしょう。

しかし取り扱い冊数や無料作品数はBookLive!のほうが豊富で、どのジャンルもまんべんなくそろっています。

はじめて電子書籍サービスを利用するなら、使いやすさからBookLive!がおすすめです。

まんが王国と比較|使いやすさや総合力はBookLive!が上か

BookLive!とまんが王国を以下の表で比較しました。

BookLive!まんが王国
取り扱い冊数130万冊以上非公開
無料作品数1万9000冊以上3000冊以上
料金体系■月額コース
500円:550pt(500pt+50pt)
1,000円:1,100pt(1,000pt+100pt)
2,000円:2,250pt(2,000pt+250pt)
3,000円:3,450pt(3,000pt+450pt)
5,000円:5,800pt(5,000pt+800pt)
10,000円:12,000pt(10,000pt+2,000pt)
※ポイント追加可能
■月額コース(クレジットカード払いの場合)
330円:300pt
550円:550pt(500pt+50pt)
1,100円:1,150pt(1,000pt+150pt)
2,200円:2,500pt(2,000pt+500pt)
3,300円:3,780pt(3,000pt+780pt)
5,500円:6,400pt(5,000pt+1,400pt)
11,000円:13,000pt(10,000pt+3,000pt)

■読み放題パック
メンズコミック誌読み放題:1,100円
恋愛コミック誌読み放題:550円
※ポイント追加可能
運営会社株式会社BookLive!株式会社ビーグリー

※すべて税込み

まんが王国は漫画作品に特化した電子書籍サービスで、オリジナル作品や独占配信も多くあります。

一方のBookLive!は、取り扱い冊数が130万冊以上と豊富な点が特徴です。また、支払い方法もBookLive!のほうが柔軟に対応しています。

ジャンルの豊富さや取り扱い作品数の多さ、利用しやすさなどの総合力はBookLive!のほうが上といえるでしょう。

BookLive!の評判・口コミからわかるおすすめな人

ここでは、BookLive!の評判・口コミからわかるおすすめな人を見ていきましょう。

それぞれ順番に確認していきます。

電子書籍サービス初心者|取り扱い冊数やジャンルが多く使いやすい

BookLive!の取り扱い冊数やジャンルの豊富さはユーザーからも評判です。さまざまな電子書籍サービスがあるなかで、130万冊以上の作品数を扱うところはそれほど多くありません。

リーダー機能の仕様や支払い方法の種類の多さ、価格帯などの総合力を見てみても、BookLive!は安定しているといえます。

ひととおりの人気作品やジャンルがそろっているので、はじめて電子書籍サービスを利用する人や電子書籍サービスを1本に絞りたい人にBookLive!はおすすめです。

クーポンの量を重視する人|種類や配布頻度が他サービスよりも多い

BookLive!はほぼ毎日なにかしらの割引クーポンが配布され、セールやキャンペーンも頻繁に開催されています。

悪い評判のなかには割引クーポンの対象が絞られすぎて使いにくいという声もありましたが、配布頻度はほかの電子書籍サービスよりも多いです。

また、90%OFFセールなど格安セールやキャンペーンも多いので、ポイント消費を抑えて電子書籍を読みたい人にもおすすめできます。

Tポイントカードをよく使う人|ポイント還元を受けられる

Tポイントカードを頻繁に利用する人にも、BookLive!はおすすめです。

ポイント還元率がいまいちという評判もありましたが、Tポイントで支払いができる電子書籍サービス自体がそれほど多くないことを考えると、十分メリットになりえます。

作品を購入するごとに0.5~3%のポイント還元を受けられるので、Tポイントが貯まりやすく使いやすいでしょう。

BookLive!の登録方法

BookLive!の登録方法は以下のとおりです。

【BookLive!の登録手順】
  • BookLive!のトップページにアクセスしページ上部の「無料会員登録」を選択
  • メールアドレスを入力し「会員登録(無料)」を選択する
  • 登録アドレスにBookLive!からのメールが届くので、メール内のURLへアクセスする
  • 登録画面が表示されるので、ユーザー情報を入力し「同意して確認画面に進む」を選択
  • ユーザー内容を確認し、誤りがなければ「会員登録を完了する」を選択する
  • 「はじめてのログイン達成!」と表示されたら登録完了

登録自体はかんたんで、時間も手間もかかりません。

BookLive!の解約方法

BookLive!の解約方法を以下にまとめました。

【BookLive!の解約手順】
  • BookLive!のトップページからマイページにアクセスする
  • 「ユーザー設定」のなかから「退会」を選択する
  • パスワードを入力し「次へ」を選択
  • 退会タブのなかから「退会申請」を選択する
  • 利用規約を確認し、チェックボックスにチェックしたあとに「退会」を選択する

退会するとそれまで購入した書籍が読めなくなってしまいます。

また、本棚機能やブックライブポイントの利用もできなくなってしまうので、注意してください。

BookLive!の評判・口コミでよくある質問

最後に、BookLive!の評判・口コミでよくある質問を見ていきましょう。

BookLive!の使い方とは?アプリで作品ダウンロードできる?

BookLive!の作品購入方法を以下にまとめました。

【BookLive!の作品購入手順】
  • 購入したい本の作品詳細ページへ進む
  • 「今すぐ購入」を選択する
  • 「購入内容の詳細」が表示されるので、クーポンやポイントを利用する場合ここで適用する
  • 「購入を完了する」ボタンを選択する

BookLive!のアプリでの作品ダウンロードは可能ですが、購入した書籍をスマホやタブレットに保存することはできません。

閲覧できるのはアプリ起動中のみです。

BookLive!でダウンロードできない原因と対処法は?

BookLive!で書籍を購入したにも関わらずダウンロードできない場合、以下の対処法が有効です。

【BookLive!がダウンロードできない場合の対処法】
  • 使用している端末とBookLive!アプリを再起動する
  • BookLive!アプリの「表紙を残してデータ削除」にて書籍のダウンロードデータを削除する
  • 通信環境が良好な状態で、購入した書籍を再ダウンロードする

端末やアプリ自体に問題がある場合、以下の対処法を試してみてもいいでしょう。

端末やアプリ自体に問題がある場合の対処法
  • OSをアップデートしたばかり:アプリが最新OSに対応するまで待つ
  • スマホやタブレット端末の処理速度が落ちている:スマホを再起動する

また、BookLive!のサイト側でトラブルが発生している場合、公式サイトでトラブルに関するアナウンスがないか確認してみましょう。

BookLive!の対応デバイスは?

BookLive!の対応デバイスは以下のとおりです。

【BookLive!の対応デバイス】
  • Windowsパソコン
  • Macパソコン(ブラウザのみ)
  • Android
  • iPhone
  • iPad
  • iPod touch

「悪い評判2」でも紹介したように、BookLive!のアプリはMacでは使用できません。

BookLive!は安全?違法アプリではない?

株式会社BookLiveの親会社は、東証一部上場の凸版印刷株式会社です。

「良い評判9」で紹介したように、大企業が親会社なので、突然サービスが終了するといった心配はないでしょう。

電子書籍サービスの安定性を重視する人にもBookLive!はおすすめです。

BookLive!は書籍の正規版配信サイトを証明するABJマークも取得し、JEBA(日本電子書籍店連合)にも加盟しています。安全面でも問題ありません。

BookLive!の割引特典は?お得なクーポン・キャンペーンコードはある?

BookLive!にはさまざまな割引特典があります。一部を以下にまとめました。

【BookLive!の割引特典】
  • 新規会員限定50%OFFクーポン
  • 期間限定1冊まるごと無料クーポン
  • 20%分ポイント招待コード
  • BookLive!激安セール

書籍によってクーポンの対象外の場合もあるので、適用条件をよく確認してください。

BookLive!の有料プランは高い?都度購入の場合、一冊いくら?

BookLive!で配信されている書籍は作品によって値段が異なりますが、人気の少年漫画だと1冊あたり400~600円台のものが多いです。

電子書籍サービスのなかでは平均的な価格といえるでしょう。

BookLive!は月額コースはありますが、月額制ではありません。コースへの加入は任意なので、都度払いで利用することもできます。

月額コースは500円(税込)から10,000円(税込)までの6種類です。月額コースの価格も、電子書籍サービスのなかでは平均的です。

まとめ:BookLive!の評判・口コミは良い!デメリットには注意!

BookLive!の評判について紹介しました。

BookLive!は取り扱い冊数の多さや、さまざまな種類の割引クーポンなどで良い評判もあります。

BookLive!の評判をまとめると、以下のようになります。

良い口コミと悪い口コミをチェックしてから登録を検討するのがおすすめです。

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。詳細は、各サービスの公式サイトをご確認ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる