シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ゲティ家の身代金
(C) 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
ALL THE MONEY IN THE WORLD
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2018年5月25日
上映時間:
配給:
KADOKAWA
カラー

見どころ:1973年に起きた大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を、リドリー・スコット監督が映画化したクライムサスペンス。巨額の身代金を要求されたゲティが支払いを拒否したことで知られる事件のてん末を描く。ミシェル・ウィリアムズ、マーク・ウォールバーグらが出演し、完成間近にスキャンダルで降板したケヴィン・スペイシーに代わってオスカー俳優クリストファー・プラマーがゲティを演じる。

あらすじ:1973年、大富豪ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)は孫のポール(チャーリー・プラマー)を誘拐され1,700万ドルという高額の身代金を要求されるが、守銭奴でもあったゲティは支払いを拒否する。離婚して一族から離れていたポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は、息子のために誘拐犯、ゲティの双方と闘う。一方、犯人は身代金が支払われる気配がないことに苛立ち……。


映画短評

  • 猿渡 由紀
    優れたスリラーだが、それ以上のことも考えさせる
    ★★★★
    »読む«閉じる

    L.A. 在住の人間にとって、ゲティ美術館はおなじみの場所。この大富豪について少しは聞いていたが、まさかここまでドケチ人間だったとは。それでも、薄っぺらい、ただの悪人になっていないのは、脚本と演出、そしてクリストファー・プラマーのおかげだ。もともとはケビン・スペイシーが演じていたのを、セクハラ暴露によってどたんばでプラマーによって再撮されたのだが、今となっては彼以外の役者は想像しがたい。北米公開まで6週間になった段階でこれが実現したのは、まさにスコットとプラマーがベテラン中のベテランだから。お金というもののについて考えさせもする、優れたスリラー。


ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ゲティ家の身代金』の映画ニュース

  • 俳優ケヴィン・スペイシーのセクハラ疑惑発覚により降板騒動が起きた、リドリー・スコット監督の新作『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』の邦題が、『ゲティ家の身代金...更新した。(編集部・石神恵美子) 映画『ゲティ家の身代金』は5月25日より全国公開...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年5月21日の週の公開作品
  3. 『ゲティ家の身代金』