シネマトゥデイ

危険な関係 (1959)

1961年5月1日公開 110分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
危険な関係
(C) 1960 - TF1 DROITS AUDIOVISUELS

見どころ

コデルロス・ド・ラクロの小説を、『悪徳の栄え』などのロジェ・ヴァディム監督が映画化。原作の設定を変更し、外交官夫妻の恋愛ゲームの行方を描く。ジェラール・フィリップ、ジャンヌ・モロー、ジャン=ルイ・トランティニャンらフランス映画界の名優たちが集結。セロニアス・モンク、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズらによる音楽が全編に流れる。

あらすじ

パリ社交界で注目を浴びる外交官のバルモン(ジェラール・フィリップ)と妻のジュリエット(ジャンヌ・モロー)は、互いの情事について報告し合っていた。ある日ジュリエットは、愛人だった青年がセシル(ジャンヌ・ヴァレリー)と婚約したことに憤り、夫に彼女を誘惑してほしいと頼む。セシルを追ってリゾート地を訪れたバルモンは、そこで人妻のマリアンヌ(アネット・ヴァディム)と出会い、いつしか本気になってしまう。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
5

1

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚色
脚色・台詞
脚色
原作
プロデューサー
プロダクションマネージャー
撮影監督
撮影技師
サウンドデザイナー
美術監督
音楽

映画詳細データ

製作国
フランス
配給
  • セテラ・インターナショナル
モノクロ
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]