シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

英国総督 最後の家 (2017)

2018年8月11日公開 106分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
英国総督 最後の家
(C) PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016

見どころ

英国からの独立を控えていた1947年のインドを舞台にしたドラマ。主権譲渡のためにインドを訪れた英国の総督を主人公に、さまざまな人間模様を映し出す。監督は『ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日』などのグリンダ・チャーダ。『アイリス』や『パディントン』シリーズなどのヒュー・ボネヴィル、『X-ファイル』シリーズなどのジリアン・アンダーソン、『マダム・マロリーと魔法のスパイス』などのマニシュ・ダヤルらが出演。

あらすじ

英国からの独立が決まった、1947年のインド。英国の総督に任命されて主権譲渡の準備を進めるマウントバッテン卿(ヒュー・ボネヴィル)と、その妻エドウィナ(ジリアン・アンダーソン)と娘が新しい住まいにやってくる。その屋敷は、およそ500人もの使用人がいて、大広間と迎賓室が各3部屋、食堂は10部屋、映写室完備という大邸宅だった。そこで統一インドかパキスタン分離かの激しい議論が繰り返される中、インド人スタッフのジートと秘書のアーリアは惹(ひ)かれ合っていた。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3.5

2

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本
脚本
製作
音楽
撮影
美術
衣装
編集
ヘアメイク

映画詳細データ

製作国
イギリス
配給
  • キノフィルムズ
  • 木下グループ
カラー/モノクロ/2.39:1 / 5.1ch
(新宿武蔵野館ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]