氷上の王、ジョン・カリー (2018)

2019年5月31日公開 89分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
氷上の王、ジョン・カリー
(C) New Black Films Skating Limited 2018 / (C) 2018 Dogwoof 2018

見どころ

イギリス人スケーターでオリンピック金メダリストのジョン・カリーに迫ったドキュメンタリー。スケート界のヌレエフと呼ばれた孤高のスケーターの栄光と闇を、インタビューや実際の映像を通して映し出す。『パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト』などのジェイムス・エルスキンが監督を務める。ナレーションを、『遠すぎた橋』などのエドワード・フォックスを父に持つフレディ・フォックスが担当した。

あらすじ

イギリス・バーミンガム出身のフィギュアスケート選手ジョン・カリーは、演技にバレエのメソッドを導入する。そして1976年に、インスブルック冬季五輪フィギュアスケート男子シングル部門で見事金メダルを手にする。だがマスコミが関心を寄せたのは、彼のスケートに対する評価ではなく、当時まだ公には差別されていたゲイであることだった。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

1

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE ICE KING
製作国
イギリス
配給
  • アップリンク
DCP/16:9
(新宿ピカデリー、東劇、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

オリジナルクリアファイル(A5)
オリジナルクリアファイル(A5)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]