15歳以上がご覧になれます

ナイチンゲール (2018)

2020年3月20日公開 136分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ナイチンゲール
(C) 2018 Nightingale Films Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Screen Tasmania.

見どころ

第75回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞とマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)に輝いたスリラー。『ババドック ~暗闇の魔物~』などのジェニファー・ケント監督が、流刑地の女性虐待と先住民の迫害の歴史を映し出す。ドラマ「ジーニアス:ピカソ」などのアシュリン・フランチオージ、『あと1センチの恋』などのサム・クラフリンらが出演。

あらすじ

19世紀のオーストラリア。アイルランド人の若い女囚クレア(アシュリン・フランチオージ)は、英国軍の将校たちから暴行を受けた上に、夫と子供を殺されてしまう。復讐(ふくしゅう)を決意した彼女は、逃亡した将校らを追うために、植民政策により虐げられている先住民アボリジニの青年ビリー(ベイカリ・ガナンバー)に道案内を依頼する。理不尽に全てを奪われた二人はタスマニアの過酷な森をさまよい、加害者たちを追い詰める。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4.2

5

すべて見る »

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE NIGHTINGALE
製作国
オーストラリア/カナダ/アメリカ
配給
  • トランスフォーマー
技術
カラー
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]