ADVERTISEMENT

極主夫道 ザ・シネマ (2022) 映画短評

2022年6月3日公開 118分

極主夫道 ザ・シネマ
(C) 2022「極主夫道 ザ・シネマ」製作委員会
村松 健太郎

言った者勝ち、楽しんだ者勝ち

村松 健太郎 評価: ★★★★★ ★★★★★

言った者勝ちの世界観を楽しむドラマの映画化というお祭り企画なので、楽しんだ者勝ちといのが正しい姿勢の一本でしょう。
ドラマからの続投組に加えて吉田鋼太郎以下映画からのゲスト組も”ちゃんとお芝居ができる”人たちが大真面目にふざけてくれて、遊んでくれるので、映画は自然と楽しくなります。
もちろんそれは、主役の玉木宏がしっかりと龍を演じてくれているから違いありません。
相手役の川口春奈も相変わらずチャーミングです。不器用ですが、このメインカップルはまだまだ見たいですね。

この短評にはネタバレを含んでいます
ADVERTISEMENT

楽天市場

ADVERTISEMENT