ADVERTISEMENT

神は見返りを求める (2022) 映画短評

2022年6月24日公開 105分

神は見返りを求める
(C) 2022「神は見返りを求める」製作委員会

ライター4人の平均評価: ★★★★★ ★★★★★ 4.5

くれい響

胸クソ悪いのに、心地良い

くれい響 評価: ★★★★★ ★★★★★

『BLUE/ブルー』『空白』と、どこかモノ足りなさもあった吉田恵輔節だが、監督の“狙い”を完全に取っ払った本作は、ある意味原点回帰といえる。やっぱり人間の内面を徹底的にえぐってくるため、相変わらず胸クソ悪いのだが、それが逆に心地良いほど、やりたい放題に見えてくる。どのキャラクターにも感情移入しにくい地獄絵図を、ムロツヨシ×岸井ゆきのという化学反応で魅せる面白さもあり、近年のYouTuberを題材にした作品群の中でも、ズバ抜けた仕上がり。それでいて、男女をしっかり描いたラブストーリーであり、自撮り棒によるフェンシングシーンに至っては、恐ろしいほど馬鹿げているのに、泣けてくる。

この短評にはネタバレを含んでいます
なかざわひでゆき

渦巻く欲望と嫉妬と復讐心に現代日本社会の実像が映し出される

なかざわひでゆき 評価: ★★★★★ ★★★★★

 地味で不器用で自己肯定感が低くて、何をやらせてもダメな底辺YouTuberのゆりちゃん。そんな彼女を見るに見かねたお人好しの会社員・田母神さんが、再生回数を増やすため力を貸す…というほのぼのコメディかと思いきや、やがて動画がバズり始めたことで2人の関係性に亀裂が生じ、欲望やら嫉妬やら復讐心やらの醜い感情が渦を巻いていく。前半と後半で極端に明暗が分かれる展開は、さすが「ヒメアノール」の吉田恵輔監督だ。売れるために安易な手段ばかり選び暴走するゆりちゃん、善意の塊ゆえ周りから利用され怨念を募らせる田母神さん。共に怪物化していく2人の衝突と悲劇が、現代日本社会の実像を不気味に浮かび上がらせる。

この短評にはネタバレを含んでいます
森 直人

閲覧注意級の大傑作

森 直人 評価: ★★★★★ ★★★★★

名作二連打『BLUE』『空白』の後にエグい真打ち登場! チャラさと深さが脅威の振幅で同時装填された𠮷田恵輔の極北の星だ。映画監督にとって自己言及性を帯びる映像系=YouTuberを題材に、地獄の果てまで突き進むガール・ミーツ・ボーイが展開。岸井ゆきの&ムロツヨシは𠮷田的キャラ完成形の凄みを放ち、特に今回は『なま夏』度高し。

お話は『スタア誕生』の泥仕合Ver.。上昇するパフォーマーの女性とサポートしていた男性の下降。ガーシーchばりの反撃動画配信からコメディがホラーになり、人間存在の深淵に踏み込むジャンル的転調が起こりまくる。因果応報の法則を回す「神」の残酷。「本当にワルい若葉竜也」も出色!

この短評にはネタバレを含んでいます
村松 健太郎

耳と心が痛い

村松 健太郎 評価: ★★★★★ ★★★★★

吉田恵輔監督は前作の『空白』もそうでしたが、”敵意”や”悪意”未満の人間誰しもが持ち合わせている”嫌さ”を描き出すのが実に巧みです。
この映画で描かれる、憎しみあったり、嫌いあったりするところまでいかない人と人の間の感情のこじれは誰しもが心当たりがあるものでしょう。
それゆえに映画を見ながら耳と心が痛くなりました。ラブストーリーなのか、はたまた悲喜劇と見るか、いろいろな角度から見ることができる映画ですね。
ムロツヨシと岸井ゆきのという並びがまた非常にリアルで、ありえる世界線=身近な世界の物語だと感じられました。

この短評にはネタバレを含んでいます
ADVERTISEMENT

楽天市場

ADVERTISEMENT