ADVERTISEMENT

東京2020オリンピック SIDE:A (2022) 映画短評

2022年6月3日公開 120分

東京2020オリンピック SIDE:A
(C) 2022-International Olympic Committee- All Rights Reserved.

ライター2人の平均評価: ★★★★★ ★★★★★ 2

相馬 学

アスリートの記録としては面白い

相馬 学 評価: ★★★★★ ★★★★★

 昨夏の東京五輪のドキュメンタリーだが、“A面”と題されているとおり、五輪の“表”の部分、すなわち主役である世界中のアスリートの足取りが描かれる。

 言葉で多くを語らず、映像に任せる河瀬監督らしさは、ここでも光る。呼吸や衣擦れ、シューズと床の摩擦といった音の迫力は、アナウンスに邪魔されるTV中継では伝わりにくいもの。臨場感の点は素直に評価したい。

 コロナ禍や五輪反対運動などの背景の部分もサラリと描かれているが、そこに深くツッコんでいないのは本作が“表”だからか。4兆円とも言われる税金の投入に見合ったのかどうかを含め、内幕へのツッコミは“B面”に期待。

この短評にはネタバレを含んでいます
斉藤 博昭

五輪のレガシーとして……

斉藤 博昭 評価: ★★★★★ ★★★★★

延期から開会式までの時間がテンポよく編集され、混乱を含めて五輪までのテンションが一気。この冒頭が絶妙。女性選手を大きくフィーチャーし、出産と競技の関係を問うなど視点も明瞭。種目の厳選は仕方ないとして、JOC会長の柔道と、本作の総監督が日本リーグの会長を務めるバスケ女子の尺がやたら長いのが気になり…。そこはいいとしても問題は競技の映像。カメラの動きやフォーカスなど明らかに雑な印象。空手の喜友名選手の静止した顔のアップでカメラが微かに揺れ、サーフィンもただ映して劇伴を当てた感じで、臨場感やアスリートの究極の瞬間にもっと触れたかった。これが未来に残る公式映画で果たして良いのか? SIDE:Bに期待。

この短評にはネタバレを含んでいます
ADVERTISEMENT

楽天市場

ADVERTISEMENT