シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

2002年1月の公開作品

公開カレンダー( 週別月別月別タイトルのみ興行成績
アクセスランキング(注目作品日別
iTunes( トップ映画トップビデオレンタル
ニコニコチャンネル( デイリーセールスデイリー再生数
U-NEXT 視聴ランキング( 洋画邦画
  1. 1月12日公開
  2. みんなのしあわせ
    みんなのしあわせ (1月12日 公開)
    ラテンの熱い情念をコメディに活かしたドタバタコメディ。大金を巡って珍奇で奇妙に可愛いキャラクターたちが情念剥き出しで大騒動を繰り広げる。
  3. DEAD OR ALIVE FINAL
    DEAD OR ALIVE FINAL (1月12日 公開)
    『殺し屋1』など独特の映像世界で定評のある三池崇史監督と、Vシネマ界の両横綱、哀川翔と竹内力の3人が組んだ人気シリーズ“DOA”の完結編。
    (C) 2001 大映・東映ビデオ
  4. ヴィドック
    ヴィドック (1月12日 公開)
    19世紀に実在した元犯罪者にして世界初の私立探偵であるヴィドックを主人公に描くゴシック・ミステリー。
  5. カンダハール
    カンダハール (1月12日 公開)
    アメリカ同時多発テロ発生と米軍の空爆により、世界中が注目するアフガンの実情に迫る話題作。
  6. 1月12日公開
  7. あの頃僕らは
    あの頃僕らは (2002年1月12日 公開)
    空前の大ヒット『タイタニック』でトップスターとなったレオナルド・ディカプリオと、彼の親友でもある『サイダーハウス・ルール』で注目を浴びたトビー・マグワイアが1995年に友人の新人監督R.D.ロブとともに実験的映画を制作した。
    (C)2000 By Polo Pictures Entertainment.All Rights Reserved.
  8. 1月19日公開
  9. フォルテ
    フォルテ (1月19日 公開)
    超豪華なベテランオスカー俳優たちを多数配して贈る大人による大人のための知的なラブ・コメディ。
    (C)2001 NEW LINE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
  10. 仄暗い水の底から
    仄暗い水の底から (1月19日 公開)
    マンションで新しい生活をはじめた母娘を襲う恐怖を大胆な展開で描くモダンホラー。『リング』の原作者&監督コンビ、鈴木光司と中田秀夫が再びタッグを組む。
    (C)2001 角川書店 日本テレビ バップ 日活 オフィスオーガスタ オズ
  11. バスを待ちながら
    バスを待ちながら (1月19日 公開)
    いつ来るとも分からないバスを待ち続ける人々が織りなす、おかしくも切ない人間模様。現実社会では希薄になりつつある“人と人のつながり”という普遍的なテーマを、陽気な笑いと軽快な音楽にのせて描き出す。
  12. 息子の部屋
    息子の部屋 (1月19日 公開)
    息子を失った家族の哀しみをストレートに描いて2001年度のカンヌ映画祭パルムドールに輝いた感動作。深い絶望の淵に立たされた家族が再生へと歩み出していく過程を優しさに満ちた視線で追いかける。
    (C)2001 WARNER BROS.ALL RIGHTS RESERVED.
  13. 1月19日公開
  14. フロム・ヘル
    フロム・ヘル (2002年1月19日 公開)
    1世紀以上も世界中の人々に名前を語りつがれている悪名高い連続殺人犯“切り裂きジャック”とそれを追う特異な能力をもった警部の追跡劇をダークな色あいで描くサスペンス・スリラー。
    (C)2001 TWENTIETH CENTURY FOX.

  15. ハートブレイカー
    ハートブレイカー (2002年1月19日 公開)
    タッグを組んで結婚詐欺を働く美人母娘の痛快でチャーミングなラブ・コメディ。主演に『エイリアン』シリーズのシガニー・ウィーバーと『ラスト・サマー』のジェニファー・ラブ・ヒューイット。
  16. ベン・ハー
    ベン・ハー (2002年1月19日 公開)
    ユダヤ王族の息子ベン・ハーの波乱に満ちた半生を描く、アカデミー賞史上最多の11部門を制したスペクタル巨編。
    (C)1959 Turner Entertainment Co,an AOL Time Warner Company.(C)1959 Turner Entertainment Co.and Warner Home Video,an AOL Time War
  17. 1月26日公開
  18. Devotion 小川紳介と生きた人々
    Devotion 小川紳介と生きた人々 (1月26日 公開)
    70年代の成田空港建設反対闘争の現場を描いた「三里塚」シリーズなどで日本のドキュメンタリー映画史上に独特の地位を築いた映画作家・小川紳介。
  19. ラットレース
    ラットレース (1月26日 公開)
    200万ドルの賞金を目指して、ラスベガスからニューメキシコまで、車からロケットとあらゆる乗り物を使ってレースを展開するスピーディなドタバタコメディ。
  20. しあわせの場所
    しあわせの場所 (1月26日 公開)
    中国の長屋で暮らすある家族の姿を温かい視点で描いた人間ドラマ。中国での公開時には劇場に長蛇の列ができるほどのヒットとなった。主演のフォン・コンは人気漫才師で、本作中での会話のテンポも絶妙。
  21. カラマリ・ユニオン
    カラマリ・ユニオン (1月26日 公開)
    全員がフランクと名乗る15人のサングラス男が理想郷を求めて疾走する、シュールでスタイリッシュな寓話。『浮き雲』のアキ・カウリスマキ監督の長篇2作目。
  22. ビューティフル
    ビューティフル (1月26日 公開)
    未婚の母であることを隠してミスコンの女王を目指すヒロインが、本当の幸せを見つける姿をブラックなユーモアを交えて描く感動作。
  23. 罪と罰
    罪と罰 (1月26日 公開)
    ロシアの文豪ドストエフスキーの代表作「罪と罰」を原作に、『白い花びら』のアキ・カウリスマキが弱冠26歳の時に撮った長篇処女作。舞台はフィンランドの首都、現代のヘルシンキ。
  24. 1月26日公開
  25. プリティ・プリンセス
    プリティ・プリンセス (2002年1月26日 公開)
    『プリティ・ウーマン』『プリティ・ブライド』で世界の女性のハートをつかんだゲーリー・マーシャル監督が贈るロマンティックな21世紀のシンデレラ・ストーリー。
    (c)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


[PR]
スポンサード リンク
楽天市場
  1. 映画
  2. 2002年1月の公開作品