シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

2003年12月の公開作品

公開カレンダー( 週別月別月別タイトルのみ興行成績
アクセスランキング(注目作品日別
iTunes( トップ映画トップビデオレンタル
ニコニコチャンネル( デイリーセールスデイリー再生数
U-NEXT 視聴ランキング( 洋画邦画
  1. 12月6日公開
  2. ファインディング・ニモ
    ファインディング・ニモ (12月6日 公開)
    『モンスターズ・インク』のピクサー社が製作したフルCGアニメーション映画。人間の世界にさらわれた魚のニモを探してニモの父親とその友達が繰り広げる愛と感動のファンタジー・アドベンチャー。
    (c) 2002 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  3. スティール
    スティール (12月6日 公開)
    スピード狂を自認する『TAXi』の監督の描いた入魂のクライム・アクション作品。『ブレイド』で悪役を演じたスティーヴン・ドーフが、今回は冷静沈着な強盗団のリーダーを演じる。
  4. 黒の怨
    黒の怨 (12月6日 公開)
    子供の抜けた乳歯を集めコインに換える“トゥース・フェアリー”(歯の妖精)。欧米ではポピュラーな伝説に無実の罪で惨殺された老女の怨念を絡め、人間VSトゥース・フェアリーの死闘を描く新感覚ホラー。
  5. 1980
    1980 (12月6日 公開)
    1980年を舞台に、夫の浮気を疑う長女、男にやたらと惚れっぽい次女、高校生活に悩む三女の日常を綴ったガールズ・ムービー。監督は、本作が映画監督デビューとなる演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチ。
  6. 美しい夏キリシマ
    美しい夏キリシマ (12月6日 公開)
    終戦前後の日本を舞台に黒木和雄監督の少年時代の体験に基づいて描かれた人間ドラマ。戦時中の人々の日常を美しい自然の中で生き生きと描く。
    (C)2003ランブルフィッシュ
  7. ヴァイブレータ
    ヴァイブレータ (12月6日 公開)
    現代女性の孤独や乾き、癒しを描き、芥川賞候補にもなった赤坂真理の同名小説を映画化したロードムービー。脚本は『KT』などで知られる荒井晴彦。監督は『理髪店主のかなしみ』の廣木隆一。
  8. サル
    サル (12月6日 公開)
    新薬投与実験のアルバイトに参加した若者たちの身に起こる奇妙な現象をドキュメンタリータッチで描く心理ドラマ。監督は今回が劇場映画デビューとなる葉山陽一郎。
  9. ラスト サムライ
    ラスト サムライ (12月6日 公開)
    明治維新直後の日本を舞台に最後の侍となった人々の壮絶な戦いを描く歴史超大作。世界的スターであるトム・クルーズと日本の渡辺謙、真田広之らが競演、ハリウッド作品ながら主要キャストはすべて日本人が演じる。
    (C)2003 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  10. 12月13日公開
  11. 息子のまなざし
    息子のまなざし (12月13日 公開)
    『ロゼッタ』でカンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞したダルデンヌ兄弟の最新作で、最高傑作との呼び声が高い。
  12. 精霊流し
    精霊流し (12月13日 公開)
    40万部を越えるベストセラーとなった、さだまさしの自伝的同名小説を映画化した人間ドラマ。長崎の伝統行事“精霊流し”を背景に、バイオリニストを目指す青年が経験する恋や友情、親子の愛を情感豊かに描く。
    (C)2003「精霊流し」製作委員会

  13. ジョゼと虎と魚たち
    ジョゼと虎と魚たち (12月13日 公開)
    日本映画界の若手有望株、『さよなら、クロ』の妻夫木聡と、犬童一心監督作出演はニ度目となる池脇千鶴による切ない恋物語。
  14. 10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス
    10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス (12月13日 公開)
    7人の監督が"結婚、誕生、進化、孤独、死、運、郷愁"をテーマに撮ったオムニバス。1人の監督に与えられた時間は10分で、それぞれイメージの異なる作品だが、全てはメビウスの輪のように繋がっている。
  15. ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS
    ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS (12月13日 公開)
    ゴジラ、モスラ、メカゴジラの3大怪獣が激突する、ゴジラシリーズ27作品目。今回は東京を舞台に国会議事堂や東京タワーが怪獣たちによって破壊されていく。
    (C)2003 TOHO CO., LTD. FOR PRIVATE HOME USE ONLY. ANY OTHER USE IS EXPRESSLY PROHIBITED.
  16. 私の小さな楽園
    私の小さな楽園 (12月13日 公開)
    ブラジルに実在した女性をモデルに、彼女と三人の男たちとの生活をユーモラスに描いた人間ドラマ。
    (C)2001SONY PICTURES ENTERTAINMENT INC
  17. イン・アメリカ 三つの小さな願いごと
    イン・アメリカ 三つの小さな願いごと (12月13日 公開)
    『マイ・レフトフット』『父の祈りを』のアカデミー賞監督ジム・シェリダンの最新作。10歳の少女の目を通して、家族の再生を感動的に描いた感動作。
    (C)2003TWENTIETH CENTURY FOX
  18. MUSA 武士
    MUSA 武士 (12月13日 公開)
    歴史の闇に埋もれた武士達の姿を生き生きと甦らせた、スペクタクル・ロマン。
  19. 12月20日公開
  20. 踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2
    踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2 (12月20日 公開)
    大ヒット作『踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』のインターナショナルバージョン。オリジナルの2時間18分に対し、青島刑事を中心に2時間に再編集。
    (C)2003 フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー
  21. チャーリーと14人のキッズ
    チャーリーと14人のキッズ (12月20日 公開)
    エディ・マーフィが14人のやんちゃな子供たちを相手に奮闘するハートフル・コメディ。元エリート・サラリーマンが突然解雇され、金儲けのために始めた“パパの保育園”。
  22. いつかA列車に乗って
    いつかA列車に乗って (12月20日 公開)
    内田吐夢監督の『たそがれ酒場』をリメイク。昭和の面影を残すジャズBAR“A-TRAIN”に集まる人々の人生模様をジャズにのせて浮かび上がらせる。
  23. 10ミニッツ・オールダー イデアの森
    10ミニッツ・オールダー イデアの森 (12月20日 公開)
    8人の監督たちが結集し、10分という限られた時間内で"時間の謎”をテーマに表現したオムニバス。
  24. ミシェル・ヴァイヨン
    ミシェル・ヴァイヨン (12月20日 公開)
    フランスで絶大な人気を誇る同名コミックを映画化。ヒットメーカー、リュック・ベッソンが脚本を手掛け、ル・マン24時間レースに挑む敏腕ドライバー、ミシェル・ヴァイヨンの活躍を描く。
  25. アイデン&ティティ
    アイデン&ティティ (12月20日 公開)
    個性派俳優で知られる田口トモロヲの監督第一作。
  26. 最後の恋,初めての恋
    最後の恋,初めての恋 (12月20日 公開)
    オール上海ロケで贈る、感動のラブストーリー。初めて日中同時公開される合作映画。
    (c)2003 『最後の恋、初めての恋』FILM PARTNERS
  27. ブルース・オールマイティ
    ブルース・オールマイティ (12月20日 公開)
    全米で初登場第1位に輝いた大ヒット・ヒューマンコメディ。自分の不運を神様のせいにしてばかりの青年が、1週間だけ神様の代わりを務めることになる様をコミカルに描く。
  28. デッドロック
    デッドロック (12月20日 公開)
    塀の外で王者だった男と、塀の中で不敗を誇る男が、どちらが本物の王者かを賭けて戦う本格的アクションエンターテインメント。
  29. コール
    コール (12月20日 公開)
    グレッグ・アイルズのベストセラー小説を原作者自らが脚本を手掛けて映画化したサスペンス・スリラー。3人の誘拐犯が3つの場所に3人の人質をそれぞれ軟禁し、身代金を得るという“完全犯罪”を展開させる。
  30. モロ・ノ・ブラジル
    モロ・ノ・ブラジル (12月20日 公開)
    『GO!GO!L.A.』などで知られるフィンランドのミカ・カウリスマキ監督が、ブラジル音楽のルーツを辿る音楽ドキュメンタリー。
  31. フル・フロンタル
    フル・フロンタル (12月20日 公開)
    『ソラリス』のスティーヴン・ソダーバーグが放つスタイリッシュなアンサンブル・ドラマ。ハリウッドやその周辺に生きる男女8人の1日をユニークな構成で描き出す。
  32. パリ・ルーヴル美術館の秘密
    パリ・ルーヴル美術館の秘密 (12月20日 公開)
    今まで美術品以外の撮影が許されなかったルーヴル美術館の舞台裏をフィルムに収め、本国フランスやヨーロッパ全土で絶賛されたドキュメンタリー。
  33. すべては愛のために
    すべては愛のために (12月20日 公開)
    『マスク・オブ・ゾロ』のマーティン・キャンベル監督が”自分のベストの作品”と断言する、壮大な愛の叙事詩。
  34. 12月27日公開
  35. ミッション・クレオパトラ
    ミッション・クレオパトラ (12月27日 公開)
    本国フランスで大ヒットを記録したアクション・コメディ。フランスの国民的人気コミックを基に、高慢なエジプト女王クレオパトラのせいで宮殿建築に奔走することになった建築家らの姿をコミカルに綴る。
  36. 12月30日公開
  37. サウンド・オブ・ミュージック
    サウンド・オブ・ミュージック (2003年12月30日 公開)


[PR]
スポンサード リンク
楽天市場
  1. 映画
  2. 2003年12月の公開作品