シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

2004年7月の公開作品

公開カレンダー( 週別月別月別タイトルのみ興行成績
アクセスランキング(注目作品日別
iTunes( トップ映画トップビデオレンタル
ニコニコチャンネル( デイリーセールスデイリー再生数
U-NEXT 視聴ランキング( 洋画邦画
  1. 7月3日公開
  2. ワイルド・レンジ 最後の銃撃
    ワイルド・レンジ 最後の銃撃 (2004年7月3日 公開)
    『ダンス・ウィズ・ウルブズ』でアカデミー作品賞と監督賞に輝いたケビン・コスナーが製作、監督、主演を務めた本格西部劇大作。
  3. 午後の五時
    午後の五時 (2004年7月3日 公開)
    新作を発表するごとに注目を浴びる、イランの女性監督サミラ・マフマルバフ。彼女がタリバン後のアフガンで生きる女性たちに迫る貴重な記録映画。
  4. リブ・フォーエバー
    リブ・フォーエバー (2004年7月3日 公開)
    イギリスから発信され、日本でも周知のムーヴメントとなったブリットポップの真髄や裏側に迫るドキュメンタリー。
  5. 友引忌 ともびき
    友引忌 ともびき (2004年7月3日 公開)
    大学時代を共に過ごした仲間に次々と襲いかかる死の恐怖……。韓国ホラーの鬼才アン・ビョンギが、世界的な大ヒットを記録した『ボイス』以前に手がけた監督第1作目。
    (C)2000 TUBE ENTERTAINMENT
  6. イザベル・アジャーニの惑い
    イザベル・アジャーニの惑い (2004年7月3日 公開)
    フランスを代表する大女優、イザベル・アジャーニが『カミーユ・クローデル』に引き続き、企画と主演を兼ねた文芸大作。
  7. いつか、きっと
    いつか、きっと (2004年7月3日 公開)
    『ピアニスト』などで知られるフランスの名女優イザベル・ユペールが、自堕落に生きてきた娼婦を熱演する人間ドラマ。突然の旅を通し、徐々に自分を取り戻していく主人公の心情が繊細なタッチで描かれる。
  8. 7月10日公開
  9. ウォルター少年と、夏の休日
    ウォルター少年と、夏の休日 (2004年7月10日 公開)
    かつては壮大な冒険を繰り広げていたという2人の老人と、聡明だが母親の愛に飢えた14歳の少年の心温まる交流が綴られるヒューマン・ドラマ。
  10. 69sixty nine
    69sixty nine (2004年7月10日 公開)
    芥川賞作家・村上龍の自伝的ベストセラー小説を映画化。『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』の宮藤官九郎が脚本を手掛け、1969年の長崎を舞台に熱い青春を送る高校生たちの日常を綴る。
    (C) 2004「69 sixty nine」製作委員会
  11. スパイダーマン2
    スパイダーマン2 (2004年7月10日 公開)
    世界中を熱狂させた前作から約2年、待望の続編。
    TM & (C) 2004 MARVEL& (C) 2004 CPII.All Rights Reserved.
  12. アメリカン・スプレンダー
    アメリカン・スプレンダー (2004年7月10日 公開)
    日常を描いた全米の人気コミック“アメリカン・スプレンダー”の原作者、ハーヴェイ・ペカーの人生を映像にした少々風変わりな恋物語。

  13. 家族のかたち
    家族のかたち (2004年7月10日 公開)
    『トレインスポッティング』のロバート・カーライルと『ノッティングヒルの恋人』のリス・エヴァンス。ハリウッドでも活躍する英国のくせのある俳優たちを主演に展開するハートフル・コメディー。
  14. 白くまになりたかった子ども
    白くまになりたかった子ども (2004年7月10日 公開)
    デンマーク・アニメーション・フィルムの巨匠ヤニック・ハストラップ監督が、イヌイットの神話をベースに映画化した美しい作品。
    2002(C) Dansk Tegnefilm 2, Les Armateurs, Carrere Group, France 3 Cin士a
  15. 7月14日公開
  16. いかレスラー
    いかレスラー (2004年7月14日 公開)
    難病を克服し、いかレスラーとして再生した主人公とたこレスラー、しゃこボクサーといった強敵との死闘を描くスポ根ドラマ。
    (C)2004「いかレスラー」製作委員会
  17. 7月17日公開
  18. 丹下左膳 百万両の壺
    丹下左膳 百万両の壺 (2004年7月17日 公開)
    邦画全盛期に日本中を熱狂させ、実に34本ものシリーズが製作された片目、片腕のヒーロー“丹下左膳”が38年ぶりにスクリーンに復活。斬新でカラフルな新時代のヒーローが誕生した。
  19. ディープ・ブルー
    ディープ・ブルー (2004年7月17日 公開)
    自然ドキュメンタリーの老舗、英国BBCの制作スタッフが、7年もの歳月をかけて撮り上げた壮大な海のドキュメンタリー映画。ロケ地は世界各国200か所にも及んだという。
  20. 茶の味
    茶の味 (2004年7月17日 公開)
    日本の美しい里山を背景に、ある一家の風変わりだが温かみのある日常風景を独特のユーモアとファンタスティックなタッチを交えて捉えた異色ヒューマン・ドラマ。監督は『PARTY7』の石井克人。
    (C) 2003 「茶の味」製作委員会
  21. 劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者
    劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 (2004年7月17日 公開)
    夏休み恒例の大人気シリーズのポケモン映画。本作は、宇宙からやってきたポケモン「デオキシス」の謎に迫るスリリングなストーリー展開と、TVで活躍中のポケモンたちの奮闘も見逃せない。
    〈C〉Nintendo Creatures.GAME FREAK.TV Tokyo.ShoPro.JR Kikaku〈C〉Pokemon〈C〉2004ピカチュウプロジェクト
  22. スチームボーイ STEAMBOY
    スチームボーイ STEAMBOY (2004年7月17日 公開)
    19世紀の産業革命のイギリスを舞台に、驚異の発明“スチームボール”をめぐる少年の勇気と希望の冒険物語。監督は『AKIRA』で全世界に認められたクリエーターの大友克洋。
    (C)2004 KATSUHIRO OTOMO,MASH ROOM /STEAMBOY COMMITTEE
  23. 永遠の片想い
    永遠の片想い (2004年7月17日 公開)
    大ヒット作『猟奇的な彼女』の好青年役でブレイクしたチャ・テヒョン、『ブラザーフッド』で薄幸な女性を熱演したイ・ウンジュ、『ラブストーリー』で母娘2役を演じたソン・イェジンら韓国若手トップスター共演の純愛物語。
  24. それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニイ
    それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニイ (2004年7月17日 公開)
    人気シリーズの劇場版16作目は可愛い子猫とメロンパンナちゃんの友情物語。子猫のニャニイの声を演じるのは、タレントの西村知美。特徴的な甘い声はまさにはまり役。
    (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
  25. ゲート・トゥ・ヘブン
    ゲート・トゥ・ヘブン (2004年7月17日 公開)
    長編デビュー作『ツバル』が高い評価を得たファイト・ヘルマーの新作。知られざる空港の裏側を舞台に、移民や不法入国者たちが織り成すドラマをつづったハートウォーミング・ドラマ。
  26. 7月24日公開
  27. キング・アーサー
    キング・アーサー (2004年7月24日 公開)
    有名な伝説「アーサー王と円卓の騎士」をスペクタクル感あふれる映像で描く歴史アドベンチャー大作。
    (C)2004 TOUCHSTONE PICTURES AND JERRY BRUCKHEIMER,INC.
  28. マッハ!
    マッハ! (2004年7月24日 公開)
    スタントマンの起用、ワイヤー・ワーク、CG、早回しによる編集を一切排除し、迫力満点の本物のファイトで見せる、ムエタイ・アクション・ムービー。
    (C)2004 TOUCHSTONE PICTURES AND JERRY BRUCKHEIMER,INC.
  29. シュレック2
    シュレック2 (2004年7月24日 公開)
    アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した前作『シュレック』の続編。原作者ウィリアム・ステイグは、本作でキャラクターデザインを担当。
    TM & (C) 2004 by DreamWorks LLC. All Rights Reserved.
  30. 箪笥<たんす>
    箪笥<たんす> (2004年7月24日 公開)
    あのスピルバーグが史上最高額でリメイク権を獲得した話題のホラー。『リング』のような湿り気を感じさせる映像表現で、最近のアジアン・ホラーの中でも群を抜く恐怖感。
  31. バレエ・カンパニー
    バレエ・カンパニー (2004年7月24日 公開)
    巨匠ロバート・アルトマン監督の待望の最新作。
  32. ハーケンクロイツの翼
    ハーケンクロイツの翼 (2004年7月24日 公開)
    自殺願望の少年が、本能に赴くがまま行動する少年に出会ったことで変わっていく、パワフル青春ストーリー。
    (C)2003 SUPLEX/DOGSUGA
  33. 青の塔
    青の塔 (2004年7月24日 公開)
    少年犯罪の加害者側をテーマに描いた『カタルシス』で、社会に衝撃を与えた坂口香津美の劇場長編映画初監督作品。
    (C)SUPERSAURUS(C)2000-2003 All rights reserved.
  34. 7月31日公開
  35. 地球で最後のふたり
    地球で最後のふたり (2004年7月31日 公開)
    浅野忠信がベネチア国際映画祭「コントロコレンテ部門」主演男優賞を受賞したラブストーリー。浅野が演じたのは感情をなかなか表に出さないミステリアスな男。
  36. ドット・ジ・アイ
    ドット・ジ・アイ (2004年7月31日 公開)
    三角関係のもつれを描いた恋愛ドラマに見せつつ、二転三転する展開や巧妙な構成が魅力の異色サスペンス。監督は本作が長編デビューとなるマシュー・パークヒル。
  37. ぼくセザール 10歳半 1m39cm
    ぼくセザール 10歳半 1m39cm (2004年7月31日 公開)
    フランスの名優リシャール・ベリの監督作。自ら「子供時代を引きずったまま」と語る彼が長年抱いていた、子供も大人も楽しめるハートウォーミングストーリー。
  38. 父と暮せば
    父と暮せば (2004年7月31日 公開)
    井上ひさしの同名戯曲を、『TOMORROW/明日』『美しい夏キリシマ』など、戦争をテーマに市井の人々の姿を描いてきた黒木和雄監督が完全映画化。彼の戦争レクイエム三部作が、本作でついに完結する。
  39. 機関車先生
    機関車先生 (2004年7月31日 公開)
    伊集院静原作の同名小説を映画化。監督は『ヴァイブレータ』で絶賛を浴びた廣木隆一が今回は新境地といえるジャンルに挑戦した。
    (C)2004「機関車先生」製作委員会
  40. カーサ・エスペランサ ~赤ちゃんたちの家~
    カーサ・エスペランサ ~赤ちゃんたちの家~ (2004年7月31日 公開)
    『フィオナの海』の名匠ジョン・セイルズが放つヒューマン・ドラマ。養子を求めて南アメリカにやって来た女性6人が直面する現実と心の傷、そして未来への希望がリアルに綴られる。
  41. Mの物語
    Mの物語 (2004年7月31日 公開)
    1991年にカンヌ国際映画祭グランプリを獲得した『美しき諍い女』の巨匠、ジャック・リヴェット監督と、同作で才能を開花させ、今やフランスを代表する女優に登り詰めた、エマニュエル・ベアールが再び組んだ愛の衝撃作。
  42. 好きと言えるまでの恋愛猶予
    好きと言えるまでの恋愛猶予 (2004年7月31日 公開)
    お互い好きとわかっているのに「好き」と言い出せない微妙な期間である”恋愛猶予”をテーマに、4人の男女が繰り広げる恋物語。
  43. ドリーマーズ
    ドリーマーズ (2004年7月31日 公開)
    『ラスト・タンゴ・イン・パリ』の名匠ベルナルド・ベルトルッチが放つ青春ドラマ。
  44. 藍宇LAN YU~情熱の嵐~
    藍宇LAN YU~情熱の嵐~ (2004年7月31日 公開)
    天安門事件に揺れる北京を背景に、男同士の禁断の恋を描いた繊細な純愛物語。
  45. エルヴィス・オン・ステージ
    エルヴィス・オン・ステージ (2004年7月31日 公開)
    1971年に公開され、日本で大ヒットを飛ばした『エルヴィス・オン・ステージ』が再編集され、スペシャル・エディションとしてよみがえる。
    (C)2001 Entertainment Co.
  46. 風音
    風音 (2004年7月31日 公開)
    沖縄出身の芥川賞作家・目取真俊の短編小説を、ベルリン国際映画祭銀熊賞他数々の受賞歴を誇る『絵の中のぼくの村』の東陽一が映画化。
    (C)2004, SIGLO Ltd. All rights reserved.


[PR]
スポンサード リンク
楽天市場
  1. 映画
  2. 2004年7月の公開作品