シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

2005年1月の公開作品

公開カレンダー( 週別月別月別タイトルのみ興行成績
アクセスランキング(注目作品日別
iTunes( トップ映画トップビデオレンタル
ニコニコチャンネル( デイリーセールスデイリー再生数
U-NEXT 視聴ランキング( 洋画邦画
  1. 1月1日公開
  2. カンフーハッスル
    カンフーハッスル (2005年1月1日 公開)
    『少林サッカー』の大ヒットにより香港だけでなく日本でも人気に火がついた、チャウ・シンチーの監督、脚本、主演を務める最新作。
    (C)2004 SONY Pictures Entertainment(J)Inc. All Rights Reserved.
  3. 1月8日公開
  4. TAXI NY
    TAXI NY (2005年1月8日 公開)
    リュック・ベッソンの大ヒット作『タクシー』の舞台をニューヨークに移し、ハリウッド版として完全リメイク。主演は『シカゴ』のクイーン・ラティファ。
    TM and(c) 2004 Fox and its related entities. All rights reserved.
  5. 赤いアモーレ
    赤いアモーレ (2005年1月8日 公開)
    欧州でベストセラーとなった小説を『明日を夢見て』のイタリアの名優、セルジオ・カステリットが映画化。彼自身が監督と主演を担当し、究極の愛の形に迫る。共演はスペインの至宝、ペネロペ・クルス。
  6. 1月15日公開
  7. Jam Films S
    Jam Films S (2005年1月15日 公開)
    “進化する映画の新しいスタイル”として話題の『Jam Films』シリーズの最新作。第一作目の監督たちが選出した7人の監督が、それぞれの個性と感性を生かしたショート・フィルムを作成。
    (C)2004「Jam Films S」フィルムパートナーズ
  8. 北の零年
    北の零年 (2005年1月15日 公開)
    『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督最新作に、吉永小百合や渡辺謙といった日本が世界に誇る映画人らが総出演。歴史の波にほんろうされながらも、北の大地で懸命に生き抜く人びとを描いた感動のドラマ。
    (C)2005「北の零年」製作委員会
  9. 東京タワー
    東京タワー (2005年1月15日 公開)
    年上の女性と恋に落ちた青年の心情をつづった江國香織の同名小説を映画化した作品。20歳の年の差カップルを演じるのは黒木瞳と岡田准一。日本でも人気のノラ・ジョーンズが歌っているテーマ曲は要チェック。
    (C)2005 東京タワー製作委員会
  10. ネバーランド
    ネバーランド (2005年1月15日 公開)
    ジェームズ・バリが、「ピーター・パン」のモデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いた、実話に基づく感動の人間ドラマ。
  11. シネマ歌舞伎 野田版 鼠小僧
    シネマ歌舞伎 野田版 鼠小僧 (2005年1月15日 公開)
    平成中村座などで歌舞伎界を盛り上げた五代目中村勘九郎が勘三郎を襲名する以前の2003年8月、現代演劇界を代表する演出家・野田秀樹とタッグを組んだ作品を映像化。
    (C) 松竹株式会社
  12. もし、あなたなら 6つの視線
    もし、あなたなら 6つの視線 (2005年1月15日 公開)
    韓国人権委員会が製作した”人権”をテーマにしたオムニバス映画。『オールド・ボーイ』のパク・チャヌクや『子猫をお願い』のチョン・ジェウンなど、世代も性別も異なる現代の韓国映画界を代表する監督6人が集結。
  13. 天井桟敷の人々
    天井桟敷の人々 (2005年1月15日 公開)
    映画史上、屈指の名コンビと言われるジャック・プレヴェールとマルセル・カルネが描く2部構成の人間ドラマ。
    (c)2004 ZAZIE FILMS Inc. All Rights Reserved.

  14. またの日の知華
    またの日の知華 (2005年1月15日 公開)
    ドキュメンタリーの鬼才といわれる原一男監督の第1回劇映画作品。知華という1人の女性を、つきあう男性によって4人の女優が演じわける。
    (C) 2004 疾走プロダクション All Rights Reserved.
  15. 1月22日公開
  16. パッチギ!
    パッチギ! (2005年1月22日 公開)
    『ゲロッパ!』『岸和田少年愚連隊』の井筒和幸監督の最新作。主人公の康介を演じるのは監督に大抜擢を受けた塩谷瞬。朝鮮高校の番長役に『青い春』の高岡蒼佑。
  17. レイクサイドマーダーケース
    レイクサイドマーダーケース (2005年1月22日 公開)
    ベストセラー作家・東野圭吾のミステリー小説「レイクサイド」を役所広司と薬師丸ひろ子主演で映画化。
    (C)2004フジテレビジョン
  18. オーシャンズ12
    オーシャンズ12 (2005年1月22日 公開)
    オーシャンとその仲間のあっと驚く犯罪をスリリングな展開で見せた『オーシャンズ11』の第2弾。監督は第1弾と同じスティーヴン・ソダーバーグで、主要キャストも続投。
    (C)2004 Warner Bros. Entertainment Inc. - U.S., Canada, Bahamas &Bermuda.(C)2004 Village Roadshow Films (BVI) Limited - All Other Territories. All Rights Reserved
  19. フリック
    フリック (2005年1月22日 公開)
    日本人監督として初の3年連続カンヌ国際映画祭出品という快挙を成し遂げた小林政広監督作品。主演は『クイ−ル』『ホテルビーナス』の香川照之。不可思議な運命に巻き込まれた1人の刑事を濃密に描いている。
    (C)2004 ケイエスエス
  20. キャロルの初恋
    キャロルの初恋 (2005年1月22日 公開)
    『時間切れの愛』でゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞)8部門を受賞した実力派、イマノル・ウリベ監督が描く少女の成長物語。監督は本作で“子供と大人が楽しめる映画を撮る”という、長年の夢を実現させた。
  21. 陽のあたる場所から
    陽のあたる場所から (2005年1月22日 公開)
    会話ができない女性患者と若い女医の心の軌跡を描いた物語。女医コーラを演じるのは『天使が見た夢』でカンヌ映画祭主演女優賞、セザール賞をW受賞したエロディ・ブシェーズ。
  22. 火火
    火火 (2005年1月22日 公開)
    陶芸界に新風を吹き込む女性陶芸家であり、息子の発病をきっかけに骨髄バンク運動を始めた神山清子を描いた作品。監督は『愛の新世界』『光の雨』の高橋伴明。
  23. 1月29日公開
  24. オペラ座の怪人
    オペラ座の怪人 (2005年1月29日 公開)
    天才作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーの同名ミュージカルを映画化。19世紀パリのオペラ座を舞台に、オペラ座に住む謎の男と、彼に見初められた歌姫の物語がつづられる。
  25. Ray/レイ
    Ray/レイ (2005年1月29日 公開)
    2004年6月11日に亡くなった“ソウルの神様”と呼ばれたレイ・チャールズが音楽で成功を収めるまでの心の葛藤を真実に基づいて描いた人間ドラマ。
    (C) 2004 Unchain My Heart Louisiana,LLC. A Universal Release All Rights
  26. ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方
    ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方 (2005年1月29日 公開)
    『ピンク・パンサー』シリーズのクルーゾー警部役で広く知られるピーター・セラーズの54年間の人生を完全映画化。
    (C)2004 Home Box Office,inc. All rights reserved.
  27. 雨よりせつなく
    雨よりせつなく (2005年1月29日 公開)
    ファッションモデルとして活躍する田波涼子の映画デビュー作。監督は、日中合同作映画『最後の恋、初めての恋』の当摩寿史。
    (C)2004「雨よりせつなく」アソシエイツ
  28. トニー滝谷
    トニー滝谷 (2005年1月29日 公開)
    村上春樹の短編「トニー滝谷」を『つぐみ』『竜馬の妻とその夫と愛人』の市川準監督が映画化した作品。主演はイッセー尾形、宮沢りえ。
  29. YUMENO
    YUMENO (2005年1月29日 公開)
    ヨシキ、ユメノ、リョウの3人の魂の軌跡を描いたロードムービー。監督・脚本はテレビドラマの演出家を経てピンク映画界に飛び込んだ俊英、鎌田義孝。
    渋谷シネパレス
  30. アウト・オブ・タイム
    アウト・オブ・タイム (2005年1月29日 公開)
    『ブレイド』シリーズのウェズリー・スナイプス主演のサスペンス・アクション。監督は『映画版スター・トレック』シリーズの最高作『ジェネレーションズ』でメガフォンをとったデヴィッド・カーソン。
  31. サンサーラ
    サンサーラ (2005年1月29日 公開)
    フランス、スペイン、イタリア、日本、など14か国にも及ぶ画家・サンサの放浪を描く。監督・脚本・撮影・音楽のすべてを手がけるのは、フランスの若き鬼才と呼ばれるジークフリート。
  32. 生命
    生命 (2005年1月29日 公開)
    台湾ドキュメンタリー界の重鎮・ウー・イフォン監督が4年の歳月をかけて完成させた台湾大震災を追った渾(こん)身作。
  33. スパイ・バウンド
    スパイ・バウンド (2005年1月29日 公開)
    実際に起きた「虹の戦士号」の爆破事件にかかわった女スパイの証言を基に描かれた真実のドラマ。夫婦を装ったと言われる男女のスパイ役に実生活では夫婦のモニカ・ベルッチとヴァンサン・カッセル。
  34. 故郷の香り
    故郷の香り (2005年1月29日 公開)
    大ヒット作『山の郵便配達』のフォ・ジェンチイ監督最新作。主演は『藍色愛情』のグオ・シャオドンとリー・ジア。
    (C)2003 「故郷の香り」製作委員会
  35. 劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ The First Game
    劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ The First Game (2005年1月29日 公開)
    集英社「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気TVアニメ「テニスの王子様」の映画版。映画のためのオリジナルストーリーとオリジナルキャラは見逃せない。
    (c)許斐剛 TK WORKS/集英社・テレビ東京・NAS (c)劇場版テニスの王子様製作委員会2005


[PR]
スポンサード リンク
楽天市場
  1. 映画
  2. 2005年1月の公開作品