シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「オール・ザ・キングスメン」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全3件)

オール・ザ・キングスメン
理想主義を掲げ公務員から知事にまで登りつめた政治家と貴族階級出身のジャーナリストが織りなす政治ドラマ。ロバート・ペン・ウォーレンの実話小説を基に、『シンドラーの...
2007年4月7日公開
ハスラー
ポール・ニューマン、パイパー・ローリー共演、『オール・ザ・キングスメン』などのロバート・ロッセンが監督を務めたドラマ。...
1962年6月13日公開

特集・連載記事 (全2件)

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』特集 伝説のカップル再び!ディカプリオ&ケイト10年の奇跡
映画『タイタニック』以来、約10年ぶりの共演となったレオナルド・ディカプリオと、ケイト・ウィンスレット。相変わらず独身貴族のディカプリオと、もうすでに二人の子持ち...とヨーロッパでデート ・『ホリデイ』 ・『オール・ザ・キングスメン』 ・『リトル・チルドレン』(日本公開20...
2009年1月16日掲載
【第79回アカデミー賞】「第79回アカデミー賞」特集
1月23日にロサンゼルスのアカデミー本部にて第79回アカデミー賞のノミネートが発表された。『ドリームガールズ』が最多の8部門にノミネートされ、助演女優賞にノミネートさ...らしめ、初ノミネートを果たした。最新作『オール・ザ・キングスメン』では、ショーン・ペンやジュード・ロウな...
2007年2月26日掲載

映画ニュース (全12件)

トランプ大統領誕生を映画が予言 町山智浩が驚愕する類似点
スターチャンネルが、映画評論家・町山智浩の著書「最も危険なアメリカ映画/『國民の創生』から『バック・トゥ・ザ・フューチャー』まで」(集英社インターナショナル刊)で...特集で放送される)『群衆』(1941年)や『オール・ザ・キングスメン』(1949年)、『群衆の中の一つの顔』(1...
2017年7月9日掲載
シエナ・ミラー、浮気もののジュード・ロウの行動を見張るためアメリカへ?
紆余曲折の末に復縁を果たしたシエナ・ミラーとジュード・ロウだが、シエナはまだまだジュードのことを信頼しきれていないようだ。ハリウッドでの仕事が多いジュードの行動...もふたりの破局は2005年、ジュードが映画『オール・ザ・キングスメン』をアメリカで撮影中、前妻サディ・フロス...
2010年3月9日掲載
ウディ・アレン監督とスカーレット・ヨハンソンが3度目のコンビを組む新作の出演者明らかに
『マッチポイント』『スクープ』(仮題)に続き、ウディ・アレン監督とスカーレット・ヨハンソンが3度目のコンビを組む新作映画の出演者が明らかになった。タイトル未定の同...ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、『オール・ザ・キングスメン』のパトリシア・クラークソンとケヴィン・...
2007年7月9日掲載
『オール・ザ・キングス・メン』がトロント国際映画祭でプレミア
ショーン・ペン主演の政治スリラー『オール・ザ・キングス・メン』(原題)が、トロント国際映画祭でプレミア上映されることになった。本作は1949年にアカデミー作品賞を受...
2006年7月13日掲載
ジュード・ロウ、浮気が報道され婚約者に謝罪
子供のベビーシッターと浮気したことが報道され、ジュード・ロウが婚約者のシエナ・ミラーに公式に謝罪した。「本日の報道を受け、シエナおよび近しい人を傷つけたことをと...
2005年7月20日掲載
ショーン・ペン、超多忙の毎日にウンザリ?
次々と新作を控えたショーン・ペンが、あまりの忙しさに、ハリウッドから抜け出したい願望に駆られている。オスカーを獲得した2003年の『ミスティック・リバー』から、『21...な役どころが続いていたペンだが、新作の『オール・ザ・キングスメン』(原題)の撮影は、特に大きな疲労をもた...
2005年4月12日掲載
アンソニー・ホプキンス、ジュード・ロウとショーン・ペンと共演か?
アンソニー・ホプキンスが、すでにジュード・ロウとショーン・ペンの主演が決まっているコロンビア・ピクチャーズの『オール・ザ・キングスメン』(原題)へ出演するかもし...
2004年11月25日掲載
メリル・ストリープ、リメイク作を降板
政治家の成功と失脚を描いた1949年のドラマ『オール・ザ・キングスメン』のリメイク版で、出演予定だったメリル・ストリープが降板することになった。ストリープはメイン・...
2004年11月24日掲載
社会派ドラマで名優勢揃いか?
メリル・ストリープとケイト・ウィンスレット、マーク・ラファロが、すでにジュード・ロウとショーン・ペンの主演が決まっているコロンビア・ピクチャーズの『オール・ザ・キングスメン...
2004年10月1日掲載
ジュード・ロウ、社会派ドラマへ出演
ジュード・ロウが、コロンビア・ピクチャーズの『オール・ザ・キングスメン』(原題)へ出演することが決まった。これは、ロバート・ペン・ウォレンのピュリッツァー賞受賞...
2004年7月29日掲載