シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「冨永由紀」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

特集・連載記事 (全8件)

【名画プレイバック】引退発表!「アラン・ドロンが世界一美しいワケ」
往年の銀幕のスターの魅力を振り返る「名画プレイバック」の番外編。二枚目の代名詞であり、日本で最も人気の高いフランスの俳優アラン・ドロンの魅力を、当連載の担当ライ...経験があり、フランス文化にも精通している冨永由紀さんに、「ドロンの魅力を堪能できる5本」...
2017年3月24日掲載
【第88回アカデミー賞】作品評:『ルーム』
!ルーム: ElementPictures / RoomProductionsInc / ChannelFourTelevisionCorporation2015") 第88回アカデミー賞で作品賞のほか、監督賞、脚色賞、主演女優賞にノミネートさ...々、部屋からの脱出とその後を描く。(文・冨永由紀) 部屋の中で生まれ、外界に触れずに5歳の...
2016年2月10日掲載
【型破りシネマ塾】英国スターに続いてハリウッドを席巻中!魅惑の北欧イケメン&名優図鑑
型破りシネマ塾 英国スターに続いてハリウッドを席巻中!魅惑の北欧イケメン&名優図鑑 今年2月に開催されたスーパーボウルの全米中継で、サー・ベン・キングズレー、マーク・...ーの独断と主観によりご紹介します! 文 / 冨永由紀 「デンマークで最もセクシーな男」マッツ...
2014年3月14日掲載

映画ニュース (全35件)

【名画プレイバック】「やすらぎの郷」のモチーフとなった『旅路の果て』が伝える“老い”
4月からスタートし、高視聴率を記録している昼の帯ドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日)は、俳優や作家など、テレビ界を支えた功績者だけが無料で入れる老人ホームの日々を...たちのための養老院が舞台になっている。(冨永由紀) かつて活躍した俳優たちが静かに余生を...
2017年6月9日掲載
【名画プレイバック】トランプ政権に揺れる不穏な今こそ観たい80年前の風刺コメディー『女だけの都』(1935年)
外国映画につけられる邦題には賛否両論分かれるものも多いが、これはうまくつけたと思う。原題“LA KERMESSE HEROIQUE(勇敢なお祭り)”が『女だけの都』(1935)となったフ...身のジャック・フェデー監督の代表作だ。(冨永由紀) 1616年、フランドル地方の町ボームは年...
2017年2月17日掲載
【第89回アカデミー賞】『ラ・ラ・ランド』のオープニングは多様性を象徴する名シーン!
昨年9月にベネチア国際映画祭のオープニングを飾り、エマ・ストーンが女優賞に輝いたのを皮切りに各映画賞で圧倒的な強さを見せ、アカデミー賞では『イヴの総て』(1950)、...た男女の恋を描いたミュージカル映画だ。(冨永由紀) とにかく圧巻なのはオープニング。シネ...
2017年1月31日掲載
【名画プレイバック】テレンス・マリックの要求に離脱者続出…実話に基づく青春ロードムービー『地獄の逃避行』(1973年)
2011年の『ツリー・オブ・ライフ』以降、コンスタントに新作を撮り続けているテレンス・マリック監督。『地獄の逃避行』(日本劇場未公開)はかつて寡作で知られた監督の長...るイメージとは大きくかけ離れた作品だ。(冨永由紀) 日本では劇場未公開だった本作は、マー...
2016年12月23日掲載
【名画プレイバック】ロバート・アルトマンやソフィア・コッポラが心酔した人妻の恋『逢びき』(1945年)
映画の主役は若く美しい男女と決まっていた1940年代、第二次世界大戦が終わろうとしている頃に作られた『逢びき』(1945)は、中年の男女がそれぞれ配偶者のいる身ながら惹...デヴィッド・リーン監督の隠れた傑作だ。(冨永由紀) 映画はラフマニノフの「ピアノコンチェ...
2016年10月21日掲載
【名画プレイバック】ウディ・アレンからクイーンまで、後世に多大な影響を与えたマルクス兄弟の代表作『マルクス兄弟オペラは踊る』(1935年)
映画がサイレントからトーキーになった時、映画スターの勢力図は大きく変わった。自らの声、音を使いこなせずに失速していったスターたちの代わりに台頭したのがマルクス兄...マルクス兄弟オペラは踊る』(1935)だ。(冨永由紀) マルクス兄弟とは、1900年代から40年代...
2016年9月23日掲載
【名画プレイバック】フランシス・レイのメロディーがあまりにも有名な恋愛映画の金字塔『男と女』(1966年)
本編は見たことなくても、フランシス・レイによるサウンドトラック、特に男女のスキャットが全編に流れるテーマ曲は誰でも一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。そ...ロード・ルルーシュ監督の『男と女』だ。(冨永由紀) 舞台となるドーヴィルは避暑地で、夏は...
2016年8月26日掲載
【名画プレイバック】『地球に落ちて来た男』(1976年)監督:ニコラス・ローグ 出演:デヴィッド・ボウイ 第54回
今年1月、69歳の誕生日と新譜発表の翌々日に訃報が届いたデヴィッド・ボウイ。彼の映画初主演作『地球に落ちて来た男』(1976)は、タイトルそのままに地球に降り立ったエイ...未来を予言したような趣きもある作品だ。(冨永由紀) ウォルター・テヴィスの同名小説を、『...
2016年7月15日掲載
【名画プレイバック】『欲望』(1966年)監督:ミケランジェロ・アントニオーニ 出演:デヴィッド・ヘミングス 第52回
今の世の中は、理解できないものに対する許容度はとても低い。疑問や知りたいことがあるとネットで検索し、そこにある答えや説明で納得する。その情報が正しいか否かはさて...でもないこうでもないと議論を戦わせた。(冨永由紀) 全編イギリスのロンドンで撮影した『欲...
2016年7月1日掲載
【名画プレイバック】『第七の封印』(1956年)監督:イングマール・ベルイマン 出演:マックス・フォン・シドー 第50回
チェスの盤を挟んで向き合う黒装束の死神と十字軍の鎧姿の男。新約聖書のヨハネ黙示録の一節がモチーフとなる『第七の封印』はモノクロの荒涼とした映像でイングマール・ベ...連れにした異色のロードムービーだ。(文・冨永由紀) 舞台はペストがヨーロッパに蔓延した中...
2016年6月17日掲載