シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「名画プレイバック」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

特集・連載記事 (全29件)

【名画プレイバック】セーラー服の池上季実子が美しい!大林宣彦の伝説的ホラー『HOUSE ハウス』
!画像テキスト 暑~い夏を涼しく乗り切るために、ホラーなんていかが? そんな流れを想定して作品選びを試みるも、実はさほど、邦画特有のじっとり系ホラーが得意でないこと...
2018年7月16日掲載
【名画プレイバック】27歳でカンヌ監督賞!『大人は判ってくれない』の圧倒的リアリティー
!画像テキスト 今年、是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞パルムドールを受賞したカンヌ国際映画祭。59年前、同映画祭で監督賞を受賞したのがフランソワ・トリュフォー監...
2018年6月8日掲載
【厳選!ハマる海外ドラマ】9.11の裏側描く「倒壊する巨塔」 アメリカの黒歴史に衝撃<シーズン1評>
!画像テキスト 米Huluのミニ・シリーズ「倒壊する巨塔 -アルカイダと「9.11」への道-」は、ピューリッツァー賞の一般ノンフィクション部門を受賞したローレンス・ライトの同...ピークTV最前線」を連載中。当サイトでは「名画プレイバック」を担当。作品のセレクトは5点満点で3点以...
2018年5月16日掲載

映画ニュース (全72件)

【厳選!ハマる海外ドラマ】こんなアメコミ観たことない!2017年上半期で最もぶっ飛んだ快作「レギオン」<シーズン1評>
マーベル・コミックスの「X-MEN」のキャラクターを主人公にしたSFアクション「レギオン」は、2017年上半期に上陸した作品の中で、最もぶっ飛んでいて、真に“新しいものを観...ドラマ10年史」(日経BP社)。当サイトでは「名画プレイバック」を担当。作品のセレクトは5点満点で3点以...
2017年10月17日掲載
【厳選!ハマる海外ドラマ】第69回エミー賞は女性が勝利した年!反トランプ旋風吹き荒れる
テレビ界のアカデミー賞と言われる第69回プライムタイム・エミー賞授賞式が、現地時間9月17日にロサンゼルスのダウンタウンにあるマイクロソフト・シアターで開催された。フ...ドラマ10年史」(日経BP社)。当サイトでは「名画プレイバック」を担当。Twitter @SachieIma...
2017年9月22日掲載
【名画プレイバック】手抜きナシ!リアルな演出を底力にした洗練の怪獣映画『空の大怪獣 ラドン』
2016年、庵野秀明が総監督を務めた映画『シン・ゴジラ』が興行収入82億円を超える爆発的ヒットを記録。『ゴジラ FINAL WARS』以来12年ぶりとなる本家、日本でのゴジラ映画で...
2017年6月23日掲載
【名画プレイバック】「やすらぎの郷」のモチーフとなった『旅路の果て』が伝える“老い”
4月からスタートし、高視聴率を記録している昼の帯ドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日)は、俳優や作家など、テレビ界を支えた功績者だけが無料で入れる老人ホームの日々を...
2017年6月9日掲載
【名画プレイバック】生と死、現実と夢幻を彷徨う故・鈴木清順の謎かけ怪奇映画『ツィゴイネルワイゼン』
鈴木清順監督の訃報(2017年2月13日、享年93)が世界中を駆け巡ったとき、おそらく多くの方の脳裏に『ツィゴイネルワイゼン』(1980)のあのシーン、あの音、あのセリフが浮...
2017年5月12日掲載
【名画プレイバック】テレビ版と合わせて必見!マイケル・クライトンの劇場監督デビュー作「ウエストワールド」
J・J・エイブラムスとジョナサン・ノーランがタッグを組んだテレビシリーズ「ウエストワールド」(2016~)が、高い評価を得て話題を呼んでいる。このシリーズのベースとな...
2017年4月14日掲載
【名画プレイバック】トランプ政権に揺れる不穏な今こそ観たい80年前の風刺コメディー『女だけの都』(1935年)
外国映画につけられる邦題には賛否両論分かれるものも多いが、これはうまくつけたと思う。原題“LA KERMESSE HEROIQUE(勇敢なお祭り)”が『女だけの都』(1935)となったフ...
2017年2月17日掲載
【名画プレイバック】シェーンはなぜ去ったのか?名作『シェーン』(1953)ラストの真意を分析
過去の名画を振り返るとき、変わらない良さを再認識する一方で、自分が初めてその映画を観たときとは全く違った視点から見えてくることがある。40代の筆者が子供の頃にはテ...
2017年1月27日掲載
【名画プレイバック】テレンス・マリックの要求に離脱者続出…実話に基づく青春ロードムービー『地獄の逃避行』(1973年)
2011年の『ツリー・オブ・ライフ』以降、コンスタントに新作を撮り続けているテレンス・マリック監督。『地獄の逃避行』(日本劇場未公開)はかつて寡作で知られた監督の長...
2016年12月23日掲載
【名画プレイバック】アガサ・クリスティの代表作の映画化『そして誰もいなくなった』(1945)が偉大である理由
アガサ・クリスティ没後40年だった今年。「オリエント急行の殺人」の新たな映画化の企画などを含めて、クリスティの原作は現在のエンターテインメントにおいて依然として雛...
2016年12月9日掲載