シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「釜山国際映画祭」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全7件)

SHARING
第19回釜山国際映画祭、第63回サンセバスチャン国際映画祭といった各国の映画祭で上映されたサスペンスドラマ。東日本大震災で亡くなった恋人の夢を見続ける社会心理学者と...
2016年4月23日公開
《ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2014》
若手映画作家の発掘と育成、さらには映像制作技術ならびに作家性の向上を目的に知識や技術を伝えるための文化庁委託事業として企画された作品群。『独裁者、古賀。』が国内...クターの羽生敏博、『日曜大工のすすめ』で釜山国際映画祭などで評価された吉野耕平による5作品で構...
2015年3月14日公開
ハン・ゴンジュ 17歳の涙
韓国社会を震撼(しんかん)させた実在の女子中学生集団性暴行事件を映画化し、第18回釜山国際映画祭などさまざまな映画祭で絶賛された衝撃作。被害者の心情の面でも物議を...
2015年2月10日公開

特集・連載記事 (全35件)

【ぐるっと!世界の映画祭】『アウトレイジ』に親子連れ多数!ジャ・ジャンクー創設の映画祭、会場作る本気ぶり(中国)
!2 2017 PYIFF2017.") 【第64回】 ロバート・レッドフォードを筆頭に、アキ・カウリスマキ監督にエミール・クストリッツァ監督など地元で映画祭を主催している映画監督・俳...ん)。 専用の建造物を持つ映画祭といえば釜山国際映画祭の“映画の殿堂”やトロント国際映画祭のベル...
2017年11月19日掲載
【ぐるっと!世界の映画祭】高橋一生・斎藤工・リリーがトリプル受賞!日本ともゆかりの深いウラジオストク国際映画祭(ロシア)
!main 【第63回】 俳優・斎藤工が、本名の「齊藤工」名義で監督を務めた『blank13』(来年2月3日公開)が最優秀男優賞をトリプル受賞(高橋一生、リリー・フランキー、斎藤...も微笑ましいハプニングである。 次回作を釜山国際映画祭でPR !11 !16: 蔦監督は現在、新作『黒の牛...
2017年10月29日掲載
『ナラタージュ』有村架純 単独インタビュー
高校時代に一人の男性として憧れを抱いていた教師に、大学生になってから再会。しかし彼には、離婚が成立していない妻がいた。切なくも危ういラブストーリー『ナラタージュ...『ナラタージュ』では初めて海外の映画祭(釜山国際映画祭)にも参加させていただくので、どういう反...
2017年10月5日掲載

映画ニュース (全240件)

実写版『人狼』製作中!ワーナー・ブラザース・コリアが出資
ソン・ガンホ主演『密偵』(上映中)を韓国で観客動員750万人突破の大ヒットに導いたワーナー・ブラザース・コリア代表のチェ・ジェウォン氏がこのほどインタビューに応じた...の許諾を得て実写映画化を企画。2013年には釜山国際映画祭の企画マーケットに参加し、出資者を募って...
2017年11月15日掲載
『羊の木』吉田大八監督の文句なしに面白い韓国映画とは?
第22回釜山国際映画祭が10月12日から21日まで開催され、「アジア映画の窓」部門で最新作『羊の木』がワールド・プレミア上映された吉田大八監督が現地でインタビューに応じ...中泯、松田龍平と実力派キャストが集結。 釜山国際映画祭への参加は初めてだという監督。海外の観客...
2017年10月29日掲載
【第30回東京国際映画祭】名優ジャン=ピエール・レオとこども映画教室、諏訪敦彦監督を変えた2つの出会い
諏訪敦彦監督の日本・フランス合作映画『ライオンは今夜死ぬ』が、スペインで開催された第65回サンセバスチャン国際映画祭でのワールドプレミアに続き、第22回釜山国際映画祭...
2017年10月28日掲載
ジャン=ピエール・レオを驚かせた諏訪敦彦監督の撮影手法
21日まで開催された第22回釜山国際映画祭で、『不完全なふたり』『ユキとニナ』の諏訪敦彦監督による仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』がワールド・シネマ部門にてアジア...
2017年10月24日掲載
アスベスト被害は日本だけではない…権力と戦う映画監督 韓国被害者が感謝
石綿工場の元従業員や近隣住民がアスベストによる健康被害を国に訴えた「大阪・泉南アスベスト国賠訴訟」を追った8年半の記録『ニッポン国VS泉南石綿村』が、第22回釜山国際映画祭...
2017年10月20日掲載
『羊の木』世界初上映!錦戸亮は「天才的な普通の人」
現地時間15日、第22回釜山国際映画祭の「アジア映画の窓」部門で錦戸亮主演の映画『羊の木』(2018年2月3日公開)がワールド・プレミアとして世界で初めて上映された。同映...Aとなった。(取材・文:芳井塔子) 第22回釜山国際映画祭は10月21日まで開催...
2017年10月18日掲載
福島の問題はまだ終わっていない…廣木隆一監督が熱弁
東日本大震災で家族や家など大事なものをなくし、喪失感の中で生きているひとりの女性を主人公に据えた映画『彼女の人生は間違いじゃない』が第22回釜山国際映画祭13日に上...ことをうれしく思います」と10年ぶりとなる釜山国際映画祭に尊敬する廣木作品で凱旋できたことへの喜...
2017年10月18日掲載
是枝監督プロデュース、香港映画『十年』が日本・台湾・タイでリメイク 厳しい社会情勢を映画に
香港の短編オムニバス作品『十年』を基にした映画が、日本をはじめ、台湾、タイで制作されることが16日、第22回釜山国際映画祭にて発表された。『十年 日本(仮)』のエグゼ...以上に得るものが多い。わたしが若いころに釜山国際映画祭に参加してそうだったように、意識を変える...
2017年10月17日掲載
中山美穂、“女優”に違和感 男女の差に提言
中山美穂が主演映画『蝶の眠り』(2018年5月公開)のワールドプレミア上映のため第22回釜山国際映画祭に初めて参加し、10月12日に海雲台BIFFビレッジ特設ステージにて韓国人...
2017年10月16日掲載
菅田将暉、韓国でも超人気!会場の9割が女性
現地時間14日、第22回釜山国際映画祭の「アジア映画の窓」部門で『あゝ、荒野』が上映された。ダブル主演を務めた菅田将暉とヤン・イクチュン、そして岸善幸監督がヘウンデ...を後にした。(取材・文:芳井塔子) 第22回釜山国際映画祭は10月21日まで開催 『あゝ、荒野』前篇は...
2017年10月16日掲載