シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「釜山国際映画祭」の映画情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全9件)

だってしょうがないじゃない
『美代子阿佐ヶ谷気分』『シェル・コレクター』などの坪田義史監督が、ADHD(注意欠如・多動性障害)に適合すると診断されたことから撮り上げたドキュメンタリー。障害のあ...難しさなどさまざまな問題に触れる。第24回釜山国際映画祭で上映された。 鬱(うつ)や不眠に悩まさ...
2019年11月2日公開
ダウンレンジ
トロント国際映画祭、シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭、釜山国際映画祭などで上映されたアクションスリラー。山道で立ち往生した若者たちが、何者かに...
2018年9月15日公開
SHARING
第19回釜山国際映画祭、第63回サンセバスチャン国際映画祭といった各国の映画祭で上映されたサスペンスドラマ。東日本大震災で亡くなった恋人の夢を見続ける社会心理学者と...
2016年4月23日公開
《ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2014》
若手映画作家の発掘と育成、さらには映像制作技術ならびに作家性の向上を目的に知識や技術を伝えるための文化庁委託事業として企画された作品群。『独裁者、古賀。』が国内...クターの羽生敏博、『日曜大工のすすめ』で釜山国際映画祭などで評価された吉野耕平による5作品で構...
2015年3月14日公開
ハン・ゴンジュ 17歳の涙
韓国社会を震撼(しんかん)させた実在の女子中学生集団性暴行事件を映画化し、第18回釜山国際映画祭などさまざまな映画祭で絶賛された衝撃作。被害者の心情の面でも物議を...
2015年2月10日公開
カメリア
物語の舞台は韓国の釜山、テーマは愛という条件で、監督たちが自由に撮り上げた3本のオムニバス・ムービー。釜山国際映画祭と会場の釜山広域市が始めた本プロジェクトには、...
2011年10月22日公開
無防備
釜山国際映画祭でグランプリを獲得し、実際の出産シーンを登場させたことでも注目された、新進気鋭の日本人監督による感動的な人間ドラマ。田舎のプラスチック工場で働く30...
2009年10月10日公開
ボーイ・ミーツ・プサン
韓国の釜山(プサン)を舞台に、そこで偶然出会った男女のつかの間の交流を描いた青春ドラマ。言葉も通じない土地で戸惑いながらも異文化交流を楽しむ主人公を、『美しい夏...務め、本作で監督デビューを果たす武正晴。釜山国際映画祭の協力によって撮影された、現地の活気をと...
2007年9月22日公開
青~chong~
『第22回ぴあフィルムフェスティバル/PFF アワード2000』でグランプリを含む4つの賞を受賞した青春映画の決定版。監督の李相日は映画学校の卒業制作としてこの作品を制作し...さは第29回ロッテルダム国際映画祭や第4回釜山国際映画祭など国内外の国際映画祭に正式出展されてい...
2001年4月21日公開
全9件中1~9件を表示しています。