女優のみひろ、B級カルト映画『バッド・バイオロジー』で巨大性器は制御不能!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
妄想大好きです。みひろ

 AVはもとより、テレビ、映画に引っ張りだこのAV女優みひろが、映画『バッド・バイオロジー 狂った性器ども』のPRのために、ちょっとエッチなインタビューに応じてくれた。

桜塚やっくんが性転換して植田浩望に!?元AV女優、夏目ナナとの絡みに悶絶!

 本作は、B級カルト映画監督フランク・ヘネンロッターの約16年ぶりとなる新作。生まれつき狂った性器を持つジェニファーと、制御不能な巨大ペニスの持ち主バッツが巻き起こす大騒動を描くおバカコメディーだ。「イってもイっても満足できないなんて、疲れ果てちゃいますよね~」とジェニファーの狂った性器について感想を漏らすみひろは、バッツが持つ24インチ(約61センチ)の巨大性器についても「ひるんじゃいます! やっぱり程良いぐらいの大きさじゃないと……」と驚きを隠せない様子。

[PR]

 バッツが制御不能な巨大ペニスを持つようになってしまったのは、男性特有のコンプレックスが原因だ。コンプレックスは人それぞれ誰にでもあるものだが「前は胸の大きさを気にしていましたけれど、もうあきらめてます! すでにいろんな人に見られているし、これでもいいって言ってくれるので『これでいいや!』って感じ(笑)。無理に大きくするより、わたしの体にはこれなんだって」とバランスの大切さを力説し、自慢のお尻は男性から形がいいと絶賛されるとほほ笑んだ。

 好きな男性のタイプを尋ねると「仕事ではキリッ! でもわたしと二人きりのときは甘えてくるような人」と答えるも、過去の恋愛トークになると「5年間付き合ってた人は、ちゃんと働かないダメ男君でした(笑)。完ぺきな人ってよりも、ダメ男系がタイプかも」と本音をのぞかせ、「ベッドでは甘えるというか、してあげたくなっちゃうです!」と男を魅了するテクニックを教えてくれた。逆に嫌いなタイプは、自分の話を一方的にする人。ちなみに24インチ(約61センチ)の巨大ペニスは好みではないが「そんなに大きくなられても……困っちゃう! どうしよう!」と興味はあるようだ。

 女優活動の傍ら執筆活動にも精を出し、小説「nude」を完成させたみひろ。妄想が大好きで、最近のお気に入りは空を飛んでいる自分を妄想すること。もし映画監督になるならどんなものを作りたいか? と尋ねると「キャメロン・ディアスとジュリア・ロバーツを主演に、恋愛ドラマを作りたい」と大胆な妄想で返してくれた。

映画『バッド・バイオロジー 狂った性器ども』は6月6日よりシアターN渋谷ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]