桜塚やっくん、イケメンバレエダンサー宮尾俊太郎のTバックトークに上機嫌!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
興奮気味の桜塚やっくん

 お笑い芸人の桜塚やっくんが15日、新宿バルト9で行われたLivespire「WORLD CLASSICS@CINEMA ~映画館で楽しむオペラとバレエの世界紀行~」のイベントに登場し、宮尾俊太郎らK-BALLET COMPANYのダンサーたちを質問攻めにした。

 スペシャルゲストとして登場したやっくんは、開口一番「さっき舞台袖で熊川哲也の悪口ばかり言っていたでしょ!」と登壇者の宮尾をはじめ、東野泰子神戸里奈らバレエダンサーたちを“口撃”。さらに今回上映されるバレエ作品『くるみ割り人形』について「バレエってわかんない! 音楽とパントマイムですべてを表現しているでしょ? 字幕付けてよ、絶対に必要!」と苦言を呈し、「講談師とかがナレーションを入れてくれれば。なんならあたいもやるよ!」と新たな企画をアピールしていた。

 また最近メタボ気味になってきたというやっくんは、体重44キログラムだという東野に体型を維持する教えを請うも、「要は熊川哲也にしごかれて精神的にやつれるってこと?」と的外れに聞き返し、「そうですね、精神的にやつれてきますね……」と仕方なく答えた東野に「ほら、本音が出てきたぞ~!」と一人興奮。

[PR]

 それをいいことに、素朴な疑問があると切り出したやっくんは「あのモッコリは恥ずかしくないの?」と宮尾に男性ダンサーが着用するタイツについて質問。「縫い目の間からすね毛も出てくるし、最初は恥ずかしかった」と語る宮尾は、「後ろから見たときにパンツのラインが出てはいけないので、タイツの下のサポーターはTバックなんです。それがすごく嫌で、男性ダンサーにとっては最初の難関ですね」と告白。意外なエピソードを聞き出すことに成功したやっくんは、司会者の進行もそっちのけで「彼本当にいいわ。背が高いしイケメンだし、Tバックだし……今日はトランクスですか?」と上機嫌にさらなる質問を浴びせていた。

Livespire「WORLD CLASSICS@CINEMA ~映画館で楽しむオペラとバレエの世界紀行~」は2010年1月16日より新宿バルト9ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]