竹内結子、太ももチラリファッションで登場し「スカスカして寒い」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
堺雅人と竹内結子

 18日、六本木ヒルズにて、映画『ゴールデンスランバー』レッドカーペットセレモニー&完成披露舞台あいさつが行われ、主演の堺雅人竹内結子吉岡秀隆劇団ひとり香川照之濱田岳貫地谷しほり渋川清彦中村義洋監督が登場した。

映画『ゴールデンスランバー』写真ギャラリー

 イベントが始まると、映画のハイライトシーンの一つである、主人公が運送トラックの荷台に乗って警察の目をかいくぐり逃亡する場面にちなんで、キャストがトラックに運ばれて登場。レッドカーペット上に全員が降り立ち、その後ろで火柱が上がると、会場のボルテージは最高潮に達した。

[PR]

 この日、黒を基調にしたロック調&太ももをチラ見せしたファッションでクールかつセクシーに決めていた竹内だったが、この時期にしてはかなり薄着だったため「わたしだけスカスカしたファッションで寒い……」とポツリ。しかしそこは売れっ子女優、終始笑顔を絶やさず「一つ一つのシーン、何気ないセリフ。すべて最後の何かにつながっていくはずです。しっかり観ていただければと思います!」とこれから映画を観る観客へメッセージを送った。

 一方、殺人犯に仕立て上げられて逃亡を続ける主人公を演じた堺は撮影を振り返り「オール仙台ロケで、仙台のみなさんと作り上げた映画。撮影は楽しくて夢のようでした」と仙台の人々に感謝しつつ「2時間20分の間、ハラハラドキドキしっぱなしのすてきな映画になってます!」と満面の笑みで作品をアピールしていた。

 『ゴールデンスランバー』は伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を、映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』の中村監督、堺、竹内のトリオが再び集結して映画化したサスペンス。巨大な陰謀に巻き込まれ、首相暗殺事件の犯人に仕立て上げられた主人公(堺)の決死の逃避行をスリリングに描く。

映画『ゴールデンスランバー』は1月30日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]