ジェシカ・アルバ、妊娠線も垂れた胸も大歓迎

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェシカ・アルバ

 1歳半になる娘オナー・マリーがお腹にいたときを思い出すため、妊娠線やセルライトなど、体の欠点が逆に気に入っているとジェシカ・アルバが語った。

 「欠点だとは思っているけれど、妊娠線を愛おしく思うようになったわ。これまで体験してきたことの中で、妊娠というのは最高の体験だった。だから、妊娠線も、垂れた胸も、なくすことができないセルライトも大歓迎。幸せで、前向きに堂々としていれば、そんなものはどうでも良くなってしまうの。自信を持つことが一番よ」とジェシカは語る。

 映画プロデューサーのキャッシュ・ウォーレンと結婚したジェシカは、将来的にはもっと子どもを産んで、南フランスで暮らしたいと思っているらしい。「義母は南フランスで暮らして20年以上になるわ。とてもすてきな家に住んでいるの。オナーや願わくは将来的に生まれて来る子どもには、可能な限り長い間、純粋な心を持ち続けてほしい。大人になるのはずっと先でいいわ」という。

 ジェシカは、オナーが生まれたおかげで、自分自身を批判しすぎないようになったとも語る。「オナーはストレスを緩和する最高の薬。あの子と一緒にいると、すぐに物事に対する見方を変えることができるの。わたしは完ぺきに物事をこなさないと、自分にとても厳しいところがあるんだけど、オナーがいると、そんなこともしていられない。あの子にも自分の過ちから学べるということを教え、愛を持って前向きでいればすべてが解決するということを教えたいわ」とジェシカは言っている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]