森下悠里、ゴールドの胸元大胆露出ドレスで登場も「おっぱいデカいとバカ」とののしられマジギレ!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
森下悠里とブルーノファッションのアームストロング・安村昇剛と栗山直人

 グラビアアイドルの森下悠里が15日、スペースFS汐留で行われた映画『ブルーノ』の公開記念イベントに登場し、若手お笑い芸人のアームストロングからドッキリ企画を仕掛けられ、「おっぱいデカいとバカ」とののしられた。

映画『ブルーノ』写真ギャラリー

 本作はゲイのオーストリア人ファッション評論家ブルーノが、ハリウッドに乗り込んでさまざまな騒動を巻き起こしながら、セレブに成り上がる姿を過激に描いたコメディー映画。現在、開催中のバンクーバー冬季五輪の金メダルを意識し、胸元を大胆に露出したゴールドのドレス姿でセクシーに登場した森下だったが、アームストロングの安村昇剛栗山直人は、なれなれしく髪の毛を触ったり、おもむろに腕をつかんだりと、なぜか超失礼な態度を連発。揚げ句の果てには、安村から「おっぱいデカいとバカ」とののしられ、一触即発の事態に。

[PR]

 実はこれ、人気者になりたいアームストロングがお騒がせセレブのブルーノを見習い(?)、森下を怒らせて話題作りをしようと計画したドッキリ企画。しかし、森下はドッキリだとわかった後も、怒りが収まらない様子でそそくさと退場。取り残されたアームストロングはぼうぜんとするほかなかったが、イベント終了後の囲み取材では仲直りしたのか、森下は満面の笑みでセクシーポーズを披露していた。

 『ブルーノ』は、映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のサシャ・バロン・コーエンが、セレブになる夢を持つ架空のファッション評論家・ブルーノに成り済まし、ミラノのファッションショーや中東の難民キャンプ、アメリカの政界など、世界の至る所で騒動を繰り広げる。

映画『ブルーノ』は3月20日より新宿バルト9ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]