6キロ減量してラストヌードに挑んだ愛染恭子、往年のファンが駆けつけ立ち見も出る盛況

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
あわや遺作になるところでしたと愛染恭子、左は三枝美央

 愛染恭子ラストヌードを披露する映画『奴隷船』(原作:団鬼六)の初日舞台あいさつが6日、東京・銀座シネパトスで行われ、主演の愛染をはじめ、諏訪太朗三枝美央友田真希、そして金田敬監督が登壇した。

映画『奴隷船』

 1981年にハードコア映画『白日夢』に主演したほか、数々の作品で文字通り体を張った熱演を披露してきた愛染が、映画『奴隷船』でヌードを封印することになった。会場には往年の愛染めファンが多数駆けつけ、立ち見も出る盛況ぶり。愛染が登場すると客席のあちこちから「よっ、愛染!」のかけ声が飛んだ。「最後の裸の仕事が、団鬼六先生の原作ということですごく光栄。小さな運命を感じます」と愛染。撮影に入る1か月前からダイエットを始め、6キロ体重を落としたと役作りの苦労も明かした。

[PR]

 そんな愛染は今月1日、沖縄県・武富沖で起こった旅客船炎上事故に巻き込まれていたと衝撃告白! 事故が発生したとき、たまたま近くを航行していたフェリーに救助され、ケガはなかったが、「ラストヌードの作品が、あわや遺作になるところでした」と笑えない発言。ヌード引退後も女優の仕事は続けるそうで、「脱がないことで新しい愛染を見ていただければ」と決意を新たにしていた。

 『奴隷船』はSM小説の大家である団鬼六の短編小説を映画化した作品。奴隷船と称する屋形船の船内で、他人の愛人を競り落とす遊びに興じているSM趣味の男たちを前に、愛染演じる美人女将が堕落する様をエロチックに描いた衝撃作。

映画『奴隷船』は銀座シネパトスで公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]