『セックス・アンド・ザ・シティ』のシンシア・ニクソン、食事シーンで食べることは禁止

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
そんな裏話があったとは! -シンシア・ニクソン

 映画『セックス・アンド・ザ・シティ』のシンシア・ニクソンは、食べる音があまりにも大きすぎるため、クリエイターのマイケル・パトリックが食事シーンで実際にシンシアが口に食べ物を入れることを禁じたという。

 シンシアが食事のシーンで食べると、ほかのキャストのセリフが聞こえないほどだったらしい。「テレビシリーズの撮影中に必ず避けたのは、シンシアにはカメラの前で食べさせないことだった。第1シーズンの初めのころに発覚したんだ。シンシア演じるミランダがコーヒーショップで食べ物を口にするシーンがあったんだけど、ものすごい勢いでかむから、ほかのキャストのセリフが聞こえないときがあった。最初はゾッとして、『なんであんな食べ方をするんだ? どうやったらやめさせらる?』って思った。編集室でも、『彼女がステーキを口にしていないカットはないか? ほかのテイクはないのか?』って、大変だったよ」と語る。

 マイケルは、4人の女性がそろうコーヒーショップのシーンで、サラ・ジェシカ・パーカーキム・キャトラル、シンシアとクリスティン・デイヴィスに好きな食べ物を選ばせたという。サラとクリスティンはサラダを注文し、キムはブルーベリーを注文したらしいが、シンシアはチーズバーガーを選んだとのこと。「テイクのたびに運ばれてくるから8個くらいチーズバーガーにかぶりついていたけど、新しいのが来るたびにうれしそうだった」とマイケルは数少ない食事シーンを思い出して語った。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]