レディー・ガガをパロディーにしたポルノ映画が製作決定!過去には『アバター』テイストの作品もあり

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
えっちなことをしていますが、こっちは本物です!(ポルノ映画には出演しません) - Cool Kids Club/ WireImage/ Getty Images

 レディー・ガガをパロディー化したポルノ映画が製作されているとゴシップサイトWENN.comが報じている。ガガを演じるのはポルノ女優のヘリー・メイ・ヘルファイアで、作中では、有名ポルノ男優ロン・ジャーミーのほか、おもちゃや女性との絡みもあるという。

 映画『ディス・エイント・レディー・ガガ XXX(原題)/This Ain't Lady Gaga XXX』は、今やその名を知らぬ者はいないポップスター、レディー・ガガをモチーフにしたポルノ映画。WENN.comによると、タイトルが示すようにレディー・ガガ本人は登場しないものの、そっくりにふんしたポルノ女優がおもちゃを使ってのプレイや女性とのからみなど、さまざまなエロチックな行為に挑戦するという。さらには、ドキュメンタリー映画『ポルノ・スター ロン・ジャーミーの伝説』でその半生が取り上げられたこともある有名ポルノ男優ロン・ジャーミーも出演し、その超絶テクニックを披露(?)する予定となっている。

 監督を務めるのは、エロチック怪作『スプラッシャー/淫水帝国』が日本でもリリースされているアレックス・ブラウン。ブラウン監督は本作で、ガガの代表曲「テレフォン」のミュージック・ビデオを意識した場面も撮影するつもりであるというほか、ガガ以外の女性ミュージシャンもパロディー化して登場することを明かしており、それが誰なのかは完成してのお楽しみとのこと。誰にも予想のできない展開になることは間違いなさそうだ。

 本作を手掛けるポルノ映画製作会社Hustler Videoは、過去にはアンジェリーナ・ジョリーリンジー・ローハンといった有名セレブのパロディー作品はもちろん、ジェームズ・キャメロンの映画『アバター』テイストのポルノ映画も製作しているというから恐れ入る。本作が日本で公開される可能性は低そうだが、話の種に一度くらいは観てみたいと思う人は少なくないかもしれない。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]