ポルノ女優役でもヘアヌードにはなりません!「個人的な理由でそれはちょっと…」アマンダ・セイフライド、意味深発言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
Glamour誌3月号の表紙を飾ったアマンダ・セイフライド - 写真:Splash/アフロ

 伝説のポルノ映画『ディープ・スロート』の女優リンダ・ラブレースの伝記映画『ラブレース(原題)/ Lovelace』で、リンダを演じているアマンダ・セイフライドは、役柄のリサーチのために『ディープ・スロート』を見ていたところ、アンダーヘアの露出度の多さに驚き、自分は絶対にヘアヌードは見せられない、と思ったという。

アマンダ・セイフライド最新作! 映画『TIME/タイム』場面写真

 セイフライドは、表紙を飾ったGlamour誌3月号の特集インタビュー記事で、ヌードシーンについて、「わたしは絶対に映画でヘアヌードにはならないって、確信をもって言えるわ。個人的な理由から、ちょっとそれは見せられないのよ」とコメント、ポルノ女優役でもオールヌードにはなっていないようだ。

[PR]

 本誌の記事で、セイフライドはキャリアやプライベートライフについても語っている。他の女優と役を競うことはプレッシャーでもあるが、「役を争うことになる女優たちは、とってもナイスでクールなの。例えば、エマ・ワトソンはユーモアにあふれていて賢いわ。それから、キャリー・マリガンは、本当に素晴らしい女優で、すごくクールで、彼女と張り合えるなんて本当に光栄」とライバルとたちに好意的な目を向けている。

 また、ロマンスについて、噂されていたジャスティン・ティンバーレイクとの交際関係をきっぱり否定した上で、「彼はパーフェクトだから、彼と出会う女の子なら誰でも、デートしてみたい、と思う気持ちは分かるわ。彼は、知れば知るほどすごくいい人なの。思っていることを率直に言ってくれる。でも、有名すぎるから、それがマイナス面ね」とコメント、さらに、ライアン・フィリップなどとのデート歴を指摘されながらも、元恋人の『マンマ・ミーア!』で共演したドミニク・クーパー以来、トゥルーラブには出会っていない、と明かしている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]