人気声優・花澤香菜、「カワイイ」と突然告白され…頬を赤らめる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から、花澤香菜、新海誠監督、入野自由

 1日、新宿バルト9で行われた映画『言の葉の庭』公開記念舞台あいさつで1日、気鋭のアニメ監督・新海誠が声優の花澤香菜に対して思わず「かわいいな~」と本音を漏らす一幕があった。この日はほかに、声優の入野自由も来場した。

映画『言の葉の庭』フォトギャラリー

 本作は『秒速5センチメートル』などで知られる新海監督の最新作。ヒロインを演じた花澤は「45分の映画なんですけど、引き込まれる作品だなと思いました。(映像が)きれいなんですよね。一回見ただけではわからないので、もう一回劇場でじっくりと観たいです」と笑顔でコメントした。

[PR]

 そんな花澤に新海監督は思わず見とれてしまったようで、司会者から「監督! 今『花澤さんがカワイイな』と思っている顔でしたよ!」とツッコまれる一幕も。それに対して新海監督はドギマギしながら「この場はマスコミがいるので、(カワイイなと)言っちゃいけないなと思って我慢していました」と告白。これには花澤も、手で顔を覆いながら「おかしいですよ」と頬を赤らめていた。

 しかし、その後も新海監督の花澤への思いはどんどんと募っていったようで(?)、主人公タカオ役の入野のプロ根性を褒める際にも「入野さんはかっこいいなと思いました。花澤さんはカワイイし」とコメントする始末。周りからは「今のカワイイはいらないでしょ!」とツッコまれ、タジタジとなっていた。

 本作の舞台はこの日の会場の新宿バルト9もある新宿。新海監督が「この劇場に来る途中で見たような風景が出てくるのも見どころです」と語ると、花澤も「新宿が舞台になっているということなので、新宿を歩きながら考えたり。できる限りのことをやって、アフレコに臨みました。わたしは24歳なんですが、27歳の役は初めてだったので、わたしの人生を掘り下げていってもすぐ底についてしまう。だからユキノさんの生活とかを、いろいろと想像しました」と述懐。

 それに対して新海監督が「花澤さんは自分の人生が底につくという言い方をしていましたけど、実際はそんなことなくて、ユキノさんの演出をやっていて初めてわかった感覚がたくさんあった。それは花澤さんが人生の深みを引き出して吹き込んでくれたからだと思いました」とコメントをすると、すかさず司会者が「ちゃんとしたこともしゃべられるじゃないですか」と茶化し、会場が笑いに包まれていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『言の葉の庭』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]