動物愛護団体の広告でパメラ・アンダーソンがヌードに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パメラ・アンダーソン

 テレビドラマ「ベイウォッチ」などで知られるパメラ・アンダーソン(47)が、動物愛護団体PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)の広告でヌードになった。

【写真】パメラ・アンダーソン出演『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』ギャラリー

 デヴィッド・ラシャペルが撮影したこの広告は、食肉加工のために大量の水が無駄にされていることを訴え、ビーガンを推奨するためのもの。デザインは1960年のホラー映画『サイコ』にインスパイアされたものになっており、「環境にしぶきを上げよう。ビーガンを試してみて」というメッセージが添えられている。

[PR]

 パメラは食肉産業に関して、「動物のためだけでなく、えさとなる穀物を育てるためにも大量の水が使用されているの。1ポンド(約454グラム)の牛肉を生産するために、6か月分のシャワーに値する水が使われるのよ」とコメント。

 今年初めにネクスト・モデル・マネージメントと契約したばかりのパメラは、そのセクシーさで知られるが、本人はルックスだけで仕事をもらえているとは思っていないようだ。「広告やイベント出演のためにモデル事務所と契約したばかりだけど、モデルになれるほどきれいだと思ったことはないわ。人の感情を呼び起こすことはできるかもしれないけど、それは美しさによるものではなく、わたしのちゃめっ気のおかげだと思うわ!」と語っている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]