シネマトゥデイ

キスマイ玉森と宮田は友達以上、恋人未満

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒロイン・ひとみを演じた西内まりや

 アイドルグループKis-My-Ft2(キスマイ)の玉森裕太が21日、都内で行われた映画『レインツリーの国』初日舞台あいさつに出席し、同グループメンバーから届いたサプライズコメントに感激。宮田俊哉からは熱い告白も飛び出した。

キスマイ玉森が一瞬うるっと…フォトギャラリー

 本作は、「図書館戦争」シリーズの有川浩による同名小説の実写化。ブログで知り合った主人公・伸行(玉森)と、秘密を抱えたヒロイン・ひとみ(西内まりや)のピュアな恋愛を描いたストーリー。この日は玉森、西内のほか、森カンナ大杉漣高畑淳子三宅喜重監督が登壇した。

[PR]

 イベント終盤、突然MCからスクリーンに注目するよう促され、「誕生日?」と笑いを誘った玉森。映されたのはキスマイメンバーからのコメント映像で、玉森初の主演映画の公開初日とあり、口ぐちに「おめでとう!」と投げかける面々を、玉森は身動きせずに見つめた。

祝!公開!

 北山宏光は「メンバーの映画を観るのは不思議な気持ちだけど、本当にキュンとして、最後は玉森! っていう感じだった」と興奮気味。藤ヶ谷太輔は「より男らしくなった。座長としてやっている姿は高みを目指しているようで、玉森変わったな、みたいな感じがする」と感心した。

 そんな中、本作を2回鑑賞したという宮田は、「1回目は観客と同じシーンで泣いたと思うけど、2回目は初めてのデートシーンで、すでに号泣していた」と説明。その理由として「玉森を(ひとみに)取られた気持ちがある」と打ち明けると、劇中で玉森が関西弁を使っていることにちなみ、「玉、好きやで!」と告白。「付き合っているの?」と疑う北山に、宮田は「付き合っていないけど、友達以上ではある」と断言し、会場を沸かせた。

 メンバーからのサプライズに、玉森は「一瞬、うるってくるかと思った。危なかった」と言いつつも、「うれしいですね。ありがとうございます」とにっこり。映像は2分の尺しかないところを10分間もしゃべり、編集が大変だったと明かされると、玉森は「すぐにしゃべりたがるんだよ」と勝手知ったる仲間の性格に触れ、「登場した瞬間に見たことある6人がいると思って安心しました」と話すと、「1人の仕事は緊張もしますけど、メンバーのもとに帰ったときの安心感などもたくさんあるから、1人のときも頑張れる」と力強いコメント。キスマイの熱い絆が伝わった。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『レインツリーの国』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]