レスリー・キーが池内博之のヌードを撮り下ろし!「美術手帖」で男性ヌード特集

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
見事な肉体美を披露した池内博之 - 「美術手帖」4月号

 レディー・ガガら多くの芸能人を撮影してきた人気写真家レスリー・キーが、17日発売の「美術手帖」(美術出版社)4月号で俳優・池内博之のヌードを撮り下ろした。

【写真】レスリー・キー撮影による池内博之のヌードほか

 同誌では「メンズ・ヌード」を特集。「ヌード」というと女性のハダカを思い浮かべることが多いが、古今東西のあらゆるヌード表現を、性差や時代の価値観を意識しつつ、いまの視点から捉え直そうという試みだ。巻頭グラビアを飾るのは、ライフワークとして男性ヌードを撮り続けるレスリー・キーと野村佐紀子の写真。池内はレスリーの撮影により、鍛え上げられた見事な肉体美を惜しげもなく披露している。

 そのほか、男性の同性婚をテーマにした漫画「弟の夫」の作者・田亀源五郎が語るゲイ・エロティック・アート史などが掲載。LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)や同性婚の問題が話題にのぼるようになった昨今、特集を通して「男性ヌード」のイメージを捉え直すことで、社会における潜在的なバイアスや価値観の違いを意識するきっかけを投げ掛ける。(編集部・中山雄一朗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]