松井玲奈、ブレイク中の川栄李奈にライバル心なし

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ノンスタ石田とのラブシーン、楽勝!? 松井玲奈

 元SKE48松井玲奈が18日、都内で行われた舞台「新・幕末純情伝」の制作発表会に出席し、沖田総司役で坂本龍馬役の石田明NON STYLE)と披露するラブシーンについて心境を問われると、「意気込んでもしょうがないものなので」とコメント。また、「どっちに答えても失礼になりますよね?」と苦笑し、石田から「いいよ、傷ついていないふりはできるから」と笑顔で突っ込まれていた。この日は、細貝圭早乙女友貴味方良介荒井敦史伊達暁永田彬岡村俊一(演出)も出席した。

【写真】剣が似合う松井玲奈、石田明 イベントギャラリー

 つかこうへい七回忌特別公演として上演される本舞台は、故・つかこうへいさんの代表作で、新撰組の沖田総司が実は女だったという設定で描かれる時代劇コメディー。沖田役はこれまでに、広末涼子石原さとみ桐谷美玲らが務めてきた。

[PR]

 沖田と坂本のラブシーンについては、石田も「それは演出のままに」と答え、お互い特に意識はしていない様子。続けて松井が、「本を読んでいる時点でラストは涙が出てくるようなお話になっているので、その気持ちを感じていただけたら」と意気込むと、石田も「(ラブシーンを)演じたことがないのでどういうものなのかわからないですけど、すてきなお話なので、この世界の中に入っていれば気にせずできるのかな」と話していた。

 また、岡村が昨年演出を手掛けた舞台「AZUMI 幕末編」で女優として脚光を浴び、放送中のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」でも注目されている元AKB48川栄李奈について、「ライバル意識はあるか?」との質問に、松井は「人のプライベートにはあまり介入しないタイプなので」とあっさり。これまで有名女優が演じてきた沖田役へのプレッシャーについても「ないです」と即答し、「周りの方から『凄い舞台』 と言われるけど、現実的な重大さにまだ気づいていない状態です。でも、歴史のある作品なので(今までで)一番良かったと言われるものを作りたい」と前向きな姿勢を見せた。

 一方、4月に右上腕を骨折し現在もリハビリ中の石田は、骨折がオファーを受けた後だったことを説明し、「(降板も)頭をよぎりました。でも、骨折は12回目で、リハビリのタイミングなどもある程度わかっていて、治療に専念しているので大丈夫です」と右腕を頭上まで上げて、順調な回復をアピールしていた。(取材・文:中村好伸)

舞台「新・幕末純情伝」は6月23日~7月3日まで東京・天王洲銀河劇場にて、7月6日~17日まで東京・紀伊國屋ホールにて、7月22日~24日まで大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]