壇蜜、4年ぶりのヌード写真集を自虐アピール

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
101点もの官能ショットを収録

 タレントの壇蜜が5日、都内で行われた最新官能ヌード写真集「あなたに祈りを」(税別3,241円、発売中)の出版記念サイン本お渡し握手会&囲み取材に出席した。

【写真】壇蜜4年ぶりヌード写真集!過激すぎる中身を大公開<全7枚>

 本作は、4年ぶり2冊目となるヌード写真集。「エロスとタナトス」をテーマに、東シナ海に浮かぶ絶海の孤島で激写した101点もの官能ショットや、自ら書き下ろした、会えなくなった人への思いをつづる3通の手紙がエロティックな世界を織りなしている。

[PR]

 前作は映画連動企画としての写真集だったため、「壇蜜単体で出すことは、事務所もわたしもプレッシャーがありました」と話す壇蜜。しかし、壮大なテーマのもと、「島の情景がこの世ともあの世ともつかないくらいぼんやりとしていて、その空気にあった写真が撮れました」と胸を張ると、「自分じゃなかったらできなかったかも、とスタッフから褒めてもらえたのが何よりうれしかった」と安堵の表情も見せる。そして、「素敵な島に祈る“年増”がただ一人……という感じで楽しんでいただけたら」と自虐的にアピールした。

 さらに「しんみりした、湿気が多い写真集」と評すると、「乾いた人に見ていただいて、癒し(潤い)になれば」と笑顔。そんな自身の潤いエピソードを尋ねられると、「前の職場の上司から、『お前、相変わらず好かれたり嫌われたり五分五分なんだろうな』と言われた」と明かしつつ、「正論で(上から目線で)言われるのは嫌じゃない」と吐露。ちなみにその男性は「憧れの人」だそうで「(二人の関係を)発展させられるならしたい」とも。とはいえ、小指を立てて「(その人は)これ(相手)がいるから」と打ち明けると、「手を出せない。(世間から)怒られちゃいますからね」と今芸能界で流行り(?)の不倫騒動のようなことにはならないことを断言した。

 来月で36歳になる壇蜜は、年齢を感じることもしばしばで、「ちょっとした合間に着るガウンのひもの痕すら、気を付けていないと残るんですよ。脱いだときに『なんだこれは?』という、自分でも理解しがたい謎の痕が消えない現象にはこたえました」と肩を落とす場面もあった。(取材/錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]