北川景子“篤姫”役で大河ドラマ初出演!女優としての目標だった

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
北川「身の引き締まる思い」

 女優の北川景子が2018年放送の大河ドラマ「西郷(せご)どん」に出演することが明らかになった。12日にNHK放送センターにて行われた出演者発表会見に主演の鈴木亮平らと出席し、目標だった大河ドラマに出演できる喜びと意気込みを語った。

【写真】登壇した「西郷どん」出演者

 明治維新から150年という節目の年となる2018年に放送される本ドラマは、巧みな戦術と実行力で徳川幕府を倒し、近代国家を作り上げた西郷隆盛が主人公。林真理子原作、中園ミホ脚本という、女性の視点から西郷の激動の生涯を描き出す。

[PR]

 北川が演じるのは、13代将軍・徳川家定の正室候補となるが、鈴木演じる西郷との間に恋心が芽生えて揺れ動く、のちの篤姫こと於一役。大河ドラマはもとよりNHKドラマに初出演する北川は、「とても緊張しています」と切り出すと、「いつか出演させていただきたいと、目標として心の中で思っていた大河ドラマに携わることができ、すてきな皆さんとすてきな作品に出演することができて、とても光栄に思っています。身の引き締まる思いというか、とても緊張しています」と素直な思いを吐露。

 また、役について「非常に強くて精神的に自立した女性で、筋の通った人柄」と分析すると、「過去に演じられた先輩方の篤姫や史実も勉強して、今回のオリジナリティーも大切にしながら、一生懸命務めたいと思います」と意気込み。鈴木とは以前映画で共演経験はあるものの、ガッツリ絡むことはなかったそうで、「とても楽しみにしています」と期待も寄せた。

 この日は、新たに出演が発表された北村有起哉をのぞく、堀井新太高橋光臣高梨臨沢村一樹斉藤由貴鹿賀丈史小柳ルミ子も登壇。於一の女中頭(教育係)・幾島役の斉藤は、「『真田丸』に引き続きなので、お話しをもらった時は『え、また?』と思ったのは事実です(笑)」とぶっちゃけながら、「でも、とても面白そうな予感がして、やらせていただきますと言ってしまいました」と快諾の理由を説明。そして、「北川景子さんのコメントがあまりにもすばらしく、わたしには何もすることがないと思いますが、教育係ということで常に一緒にいることになると思うので、眼福ということで楽しみたいと思います」と目を細めた。(取材/錦怜那)

大河ドラマ「西郷どん」は2018年1月より放送(全50回)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]