痴漢裁判に勝訴のテイラー・スウィフト、性的暴行被害者団体に寄付

テイラー・スウィフト
テイラー・スウィフト - Mark Davis / Getty Images

[ロサンゼルス 17日 ロイター] - 米歌手テイラー・スウィフトさんが16日、性的暴行の被害者を支援する団体に寄付をしたことがわかった。自身への痴漢行為をめぐる裁判に勝訴したばかりのスウィフトさんは、他の女性被害者を支援する考えを示していた。

【画像】テイラー・スウィフト、意外とさえない?少女時代を公開

 寄付を受けたのは性的暴行問題の啓発活動などを行う団体「ジョイフル・ハート」。声明で「テイラー・スウィフトさんが家庭内暴力や性的暴行、子どもの虐待の被害者を支援するわれわれの活動を認知してくれたことを光栄に思う」と感謝の意を示した。

[PR]

 団体の代表はハフィントン・ポストに、寄付は「非常に寛大」だったと述べたが、額は明らかにしなかった。

 米連邦地裁は14日、スウィフトさんが写真撮影の際に体を触られたとしてラジオDJに1ドルの賠償金を求めていた訴訟で、スウィフトさんの訴えを認める判断を下した。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]