シネマトゥデイ

アニキ!『マジンガーZ』新作の予告編に水木一郎のあの曲!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
爆発を背にしたマジンガーZ - (C) 永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

 永井豪原作の巨大ロボットアニメを誕生から45年の時を経て復活させた作品の予告編が公開され、“アニキ”の愛称で親しまれるアニメソング界の帝王・水木一郎の歌声がさく裂している。また、本作の正式タイトルが『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』となったこともあわせて発表された。

【動画】これは鳥肌が…『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』予告編

 お披露目された予告編はマジンガーZの強大で圧倒的なアクションシーンが満載なのだが、ファンにとって鳥肌ものなのが今作のために新たに収録されたアニキの歌うオープニングテーマ。日本だけでなく世界中で親しまれるこの楽曲にあわせ、マジンガーZがロケットパンチやブレストファイヤーを放っている。

[PR]

 「『マジンガーZ』のテーマソングを歌い続けて、一度も飽きたことがないし、いつも新鮮な気持ちで歌わせていただいています」と語る水木は、「実は僕、来年50周年を迎えるんです」と明かす。そして「そんな記念の年に、日本でこの『マジンガーZ』が上映になるなんて、これはもう永井先生の50周年をお祝いすると同時に、僕自身へのプレゼントでもあるかなと思ってます!」と本作についてコメントしている。

 この映画は、1972年から1974年に放送されて一世を風靡(ふうび)したテレビアニメ「マジンガーZ」の最終回からの世界観を引き継ぎつつ、完全新作のストーリーを描く作品。兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間たちが悪の野望を阻止し、平和を取り戻してから10年後が舞台となっている。パイロットを離れて科学者の道を歩み始めた兜甲児だったが、富士山の地中深くに埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇し、新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける……。(編集部・海江田宗)

『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』は2018年1月13日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]