「ジョン・レモン」の飲料名は商標権侵害、オノ・ヨーコさんが抗議

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真は2016年2月メキシコで撮影 - (2017年 ロイター/Edgard Garrido)

[ロンドン 20日 ロイター] - ビートルズの故ジョン・レノンさんの妻でアーティストのオノ・ヨーコさんが、レノンさんの名前をもじった「ジョン・レモン」の銘柄の飲料を英国で発売したポーランドの飲料メーカーに対し、商標権侵害だと抗議し、法的措置も辞さない姿勢を示した。

【写真】オノ・ヨーコさんの個展

 オノ・ヨーコさんの担当弁護士らは、販売店向けに、商標権を侵害した場合1日に5,000ユーロ(約67万円)、1本販売するごとに500ユーロの支払いを請求される可能性があると警告。これを受け、飲料メーカーは銘柄名を「オン・レモン」に変更することに同意した。

[PR]

 オノさんの弁護士は「ジョン・レモン・アイルランド」のFacebook投稿にレノンさんの画像が含まれていると指摘している。また、宣伝資料に書かれたブランドロゴの横には「レット・イット・ビー」の文字や、丸メガネが添えられている。

 飲料メーカー側の弁護士は権利侵害はなかったとし、ジョン・レモンの商標はジョン・レノンの商標が欧州連合(EU)に登録される2年前の2014年に登録済みとしている。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]