シネマトゥデイ

ブリュッセルの「アトミウム」でルネ・マグリット展開催中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
9月21日、ブリュッセルにあるモニュメント「アトミウム」(写真)で、画家ルネ・マグリットの作品の展示が始まった - (2017年 ロイター/Francois Lenoir)

 [ブリュッセル 21日 ロイター] - ベルギー首都ブリュッセルのシンボルとされるモニュメント「アトミウム」で9月21日、同国出身のシュルレアリスムの画家、ルネ・マグリットの作品の展示が始まった。

 展覧会は1年間にわたり開催される予定。今年はマグリットの死去から50年となる。一方、アトミウムは来年、建設から60年を迎える。

 マグリットは、山高帽をかぶった男性の顔がリンゴで隠されている作品「人の子」などで知られる。1967年に亡くなるまで、人生の大半をブリュッセルで過ごした。

 アトミウムは1958年のブリュッセル万博のために建てられた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]