『メアリと魔女の花』釜山で上映!杉咲花のかわいさに歓声

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
照れ笑いがかわいかった杉咲花

 現地時間10月13日、スタジオポノック第一回長編作品『メアリと魔女の花』が、第22回釜山国際映画祭の「ワイド・アングル」部門のアニメーション・ショーケースの招待作品として上映された。前日の雨が嘘のように晴れ渡った釜山のヘウンデビーチに設置された野外ステージの BIFF Village にて、監督の米林宏昌とメアリの声を担当した女優の杉咲花、スタジオポノックの西村義明プロデューサーが登壇した。

【写真】楽しそうな3人

 『メアリと魔女の花』は、イギリス人作家メアリー・スチュアートの児童文学「The Little Broomstick(原題)」を原作に、『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林監督がスタジオジブリ退社後に初めて手がけた作品で、魔女の国から盗み出された禁断の花を見つけた少女の冒険を描く。

[PR]

 米林監督は「スタジオジブリという会社で作っていた前作の2作品が、韓国でとても楽しんでもらっていたと聞いていたので、今回初めて皆さんとお会いできてとてもうれしく思っています」と挨拶した。続いて杉咲花が、昨日から準備していたという挨拶を韓国語で披露。「一生懸命覚えました」とはにかみながら挨拶の言葉についてのエピソードを語った。プロデューサーの西村は「今日が韓国で初めての上映となり、みなさんに観てもらえてうれしいです」と挨拶した。

 魔法の国に迷い込む人間の女の子メアリの魅力について杉咲は「メアリはすごく好奇心が旺盛で、心が動くとすぐに行動もしてしまう女の子です。でもいつもうまくいかないのですが、憎めない魅力があって応援したくなる愛おしい女の子です」と説明した。スタジオポノックの第一作目としてこの作品を選んだ理由について西村プロデューサーは「原作にとても素敵なセリフがあるのです。『魔法を使わずに、いつも自分で、心の扉を開けてるんだ』というものです。力を失ってもなお前に進もうとする女の子の物語は、ゼロから新しいスタートを切るスタジオポノックのスタッフ全員の思いと同じで、第一作にふさわしいと思った」と明かした。

西村義明P、杉咲、米林宏昌監督

 アリエッティやマーニー、そして今作のメアリと少女が成長していく物語を描いている理由を聞かれた監督は、「僕自身が成長していきたいと思っていることが大きな理由ではありますが、若い人たちが新しい道を進んでいくという物語は多くの人に共感してもらえると思います。またドラマティックな物語が描けるのではとも思い映画を作っていました」とのこと。また「今までは心の中を描いていたのですが、今作は、考えるよりもまずは動いてしまう行動的な女の子を主人公にしています」と観客にメアリのように前に進もうと思ってもらいたいと映画への思いを語った。

 杉咲の声を聞いて「メアリだ!」と感じた瞬間はあるかとの問いに監督は「『思い出のマーニー』で一緒に仕事をしたときに、想定以上の仕事をしてくれて驚いていました。今回のメアリはすごく奔放な女の子ですが、彼女の声を聞いた瞬間、僕らが想像する以上のメアリ像がはっきりとしてきて、『これが本当のメアリだ!』と思いました」と杉咲の声の魅力について語った。

 「映画の中でのお気に入りのセリフをメアリの声で言ってください」というむちゃ振りな質問に杉咲は「ええ!?」とびっくりしながら、セリフについては印象的なことがあるとして「魔法学校に初めて行ったシーンで、台本には『すごい』というセリフが書いてあったのですが、映像を初めて観たときにあまりにも美しい映像だったので思わず『キレイ』って声を出してしまった」と紹介。リアルな言葉だと監督がセリフを変更したというエピソードを明かした。

 その答えに対して監督は「彼女は笑い方に特徴があって『イヒッ』って笑うんですよ」と声の魅力を語ると司会者から、「やってみてほしい」とさらなるむちゃ振りが。なんとか挑戦する杉咲だが思い通りの笑い方ができなかったようで「自然に出てくる笑い方なのかな、難しいですね。でもがんばりました(笑)」と照れ笑い。そのかわいらしい反応に会場から歓声が上がった。

 韓国の人たちへのメッセージとしてプロデューサーの西村は「ロサンゼルスに留学していた時、韓国の友人がたくさんでき、その3年半は週に3回ほどスンズブを食べていました。僕の体の3分の1はスンズブで出来ていますので、韓国のみなさんと友人にこの作品を楽しんでもらえたらうれしい」と語り、杉咲は「映画が大好きで韓国映画も沢山見ています。以前韓国に来た際に、韓国の人たちがすごく映画を愛していると感じました。そんな韓国で自分が携わらせていただいた作品が上映されるってすごく幸せなことだと思います。映画を楽しんでいってください」と語った。監督は「一歩一歩進んでいくメアリを見て、がんばってみようかなって思ってもらえたらすごくうれしいです」と語り、13年前に見た韓国から大きく発展している様子に驚きつつ、そんな前進を続けている韓国の観客にぜひ観てほしいと語った。(取材・文:芳井塔子)

第22回釜山国際映画祭は10月21日まで開催中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]