スイスに欧州最大の淡水水族館オープン 「5大陸めぐる旅」を体験

10月17日、スイスのローザンヌに欧州で最大規模となる淡水水族館「Aquatis」が21日オープンする。来館者は世界の1万種の魚や100種の爬虫類を観察し「5大陸をめぐる旅」を体験できる - (2017年 ロイター/Denis Balibouse)

[ローザンヌ(スイス) 17日 ロイター] - スイスのローザンヌに、欧州で最大規模となる淡水水族館「Aquatis」が21日オープンする。

『ファインディング・ドリー』をさかなクンが解説【動画】

 館長の Angelique Vallee-Sygut 氏によると、来館者は欧州、アジア、アフリカ、オセアニア、南米の1万種の魚や100種の爬虫類を観察し、「5大陸をめぐる旅」を体験できる。

[PR]

 46個のアクアリウム、ビバリウム、テラリウムによって20のエコシステムが再現されており、約200リットルの淡水が必要だという。総面積3,500平方メートルの2階建ての建物に生物が配置されている。

 出資企業の責任者は、多くの魚や爬虫類が絶滅の危機にひんしており、この「ノアの方舟」は、水生環境保護の重要性に目を向けるといった目的もあると述べた。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]