シネマトゥデイ

『スタンド・バイ・ミー』元子役、大麻所持で逮捕報道…本人は否定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コリー・フェルドマン

 映画『スタンド・バイ・ミー』『グーニーズ』などで名子役として活躍したコリー・フェルドマン(46)が米ルイジアナ州で現地時間21日、マリファナ所持などで逮捕されたと現地メディアKNOEなどが報じた。コリーはTwitterでマリファナ所持を否定している。

子役時代のコリー【写真】

 コリーは自らのバンド「コーリーズ・エンジェルス」のツアー中であり、クルーを乗せたバスを運転していたところ、スピード違反で警察に止められ、さらには免許停止中であったことが発覚。そのため、警察は彼らを同州マンガム警察署へと連行し、そこでマリファナの所持も明らかになったという。同メディアが入手した警察署のレポートによると、コリーは罰金を払い釈放されたとのこと。そのほかのメンバーはマリファナと薬物を所持しており、同様に逮捕され、罰金を払い釈放されている。

[PR]

 その後、コリーはTwitterで、マリファナは他のメンバーのものであること、他のメンバーが所持していた薬物は処方されたものであることなどを主張しており、ツアーバスの名義が自分になっていたがために、自らも告発を受けたと説明している。「記録のために、僕は逮捕されてもいないし、刑務所にも入れられていない。僕のクルーメンバーの一人がカリフォルニア州で合法の処方箋付きの医療用マリファナを所持していたために、ルイジアナで軽罪を受けた。僕自身は何も所持していなかったけど、バスが僕のものだったので、告発された。そのほか5人のクルーが特定のボトルに入っていない合法の薬物を持っていた。違法なドラッグはバスからは一つも見つかっていない。なので、誰一人として刑務所で夜を過ごしていない。適切な証明書を持って、この告発は取り下げられることだろうと保証されている」とつづった。

 コリーは過去に、子役時代に性的虐待を受けていたことをカミングアウトしている。そして現在ハリウッドではハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題が大騒動となっていることを受けて、自らが経験したことの詳細を改めて明かし、世間から再び注目を浴びていたばかりだった。そのためか、逮捕報道後に「この全てのタイミングが皮肉に感じる」ともコメントしていた。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]