豪政府のブロードバンド計画、ケーブルかじるオウムに阻まれる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
11月3日、豪政府は全国にブロードバンド網を整えるプロジェクトを推進中だが、オーストラリアに広く分布するオウムの一種「コカトゥー」(写真)がケーブルをかじる事例が頻発し、予想外のコスト計上を強いられている。1998年4月撮影 - (2017年 ロイター/David Gray)

[シドニー 3日 ロイター] - 豪政府は360億ドル(約4兆円)をかけて全国にブロードバンド網を整備するプロジェクトを推進中だが、オーストラリアに広く分布するオウムの一種「コカトゥー」がケーブルをかじる事例が頻発し、予想外のコスト計上を強いられている。

【写真】オウムが出てくるアニメ映画

 ネットワーク建設を担当するNBN社によると、被害の修理などですでに8万豪ドル(約700万円)のコストがかかっている。

[PR]

 同社のプロジェクトマネジャーは「彼らは常にくちばしを研いでいる。近くの物を何でも攻撃し、引き裂いてしまう」と訴える。

 ケーブルの敷設が進み、さらに被害が明らかになれば、このコストは急増が予想されるという。政府のプロジェクトは2021年までかかる見込み。

 黄色いトサカを持つコカトゥーは、フルーツから木の窓枠まで、何でも食べてしまうことで知られる。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]