トランプ大統領、ネット検閲下の中国でもツイート 方法など話題に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
11月9日、中国を訪れたトランプ米大統領は、ネット検閲制度をかいくぐって故宮訪問など訪中の模様をツイッターに投稿し続け、国内メディアやソーシャルメディア(SNS)上で話題になっている。写真は8日撮影で、京劇鑑賞中のトランプ夫妻と習夫妻 - (2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

[北京 9日 ロイター] - 中国を訪れたドナルド・トランプ米大統領は、ネット検閲制度をかいくぐって故宮訪問など訪中の模様をツイッターに投稿し続け、国内メディアやソーシャルメディア(SNS)上で話題になっている。

【画像】オスカー女優の本気!メリル・ストリープがドナルド・トランプそっくりに

 中国では、"Great Wall"(万里の長城)をもじって"Great Firewall"(防火頂上)と呼ばれるネット検閲システムが敷かれ、ツイッターやフェイスブックなど多くの西側SNSをはじめ、禁止対象サービスへのアクセスがブロックされている。

[PR]

 だがトランプ大統領は、中国到着当日の8日「われわれ夫妻から習近平・国家主席夫妻へ、故宮での忘れられない午後と夜をありがとう。明朝の再会を楽しみに」とツイート。京劇鑑賞中にトランプ夫妻と習夫妻の写真を投稿し、ツイッターのヘッダー画像を変更している。

 9日には、国営中央テレビ(CCTV)がこのヘッダー画像をスクリーンショットで紹介するなど、国営メディアも注目。中国交流サイトの微博(ウェイボー)では、過去24時間で第3位のトピックとなった。

 大統領がどのように規制を克服して投稿しているかの憶測も盛んで、ある微博利用者は「衛星ネットワーク上のワイファイを経由したに違いない」との推測を述べた。

 多くの外国人は、中国国外で提供されるコンテンツを利用するため、仮想プライベートネットワーク(VPN)にログオンしている。出国前にデータ・ローミング・サービスに登録する方法もある。

 ホワイトハウス高官は8日、大統領の北京到着に先立ち「大統領は、つぶやきたいことをつぶやく。それが米国の市民と直接交流する大統領のやり方だ」と述べた。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]