行方不明作品、別の絵の下から発見 ベルギーの画家マグリット

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
11月14日、ベルギーの画家ルネ・マグリットが製作した4分割された作品のうち、行方が分からなかった4枚目の絵画が、別の作品で上書きされていたことがX線を使った調査で明らかになった。写真は2013年9月ニューヨーク近代美術館で撮影 - (2017年 ロイター/Joshua Lott)

[ブリュッセル 14日 ロイター] - ベルギーの画家ルネ・マグリットさんが製作した4分割された作品のうち、行方が分からなかった4枚目の絵画が、別の作品で上書きされていたことがX線調査で明らかになった。

マグリットに影響を与えた謎多き画家のドキュメンタリー【動画】

 行方不明だったのは1927年に製作された「The Enchanted Pose」の右上部分。

[PR]

 ベルギー王立美術館がリエージュ大学の考古年代測定センターと協力してX線写真を使って調査し、同美術館にある1935-36年製作の絵画「God is not a Saint」の下に描かれていることを先月突き止めた。

 マグリットは1932年、最初に描かれた絵を分割しキャンバスを再利用した。恐らく経費を節約するためとみられている。

 1つ目のピースは2013年、ニューヨーク近代美術館が所蔵する1935年の作品「The Portrait」の下に描かれていることが発見された。残りの2枚はストックホルムと英ノリッチで見つかっている。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]