朝の看板番組キャスターを解雇 セクハラ被害申告受け、米NBC

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
11月29日、米NBCテレビは、朝の人気ニュース番組「トゥデイ」の看板司会者、マット・ラウアー氏(59)を解雇した。匿名の女性同僚からセクハラ被害の訴えがあり、規範違反が判明したため、と明らかにした。写真は2013年5月撮影 - (2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米NBCテレビは29日、朝の人気ニュース番組「トゥデイ」の看板司会者、マット・ラウアー氏(59)を解雇した。匿名の女性同僚から27日夜にセクハラ被害の訴えがあり、規範違反が判明したため、とNBCは明らかにした。

セクハラ告発で番組を降板した俳優【写真】

 ラウアー氏は1997年に「トゥデイ」のアンカーに就任して以来「朝の顔」として定着し、報酬は年2,000万ドル(約22億4,000万円)と報じられていた。

[PR]

 NBCニュースのアンドリュー・ラック会長は、ラウアー氏の20年以上の勤務期間中、セクハラ行為が申告されたのは初めてだが、これが単発の事案ではないと信じるに足る理由があった、と説明した。

 トランプ米大統領はラウアー氏解雇のニュースにTwitterで反応し、「NBCやコムキャストの幹部らが、多くのフェイクニュースを流したとして解雇されるのはいつだろう」と投稿した。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]