13%増!中国の2017年映画興行収入 伸び悩んだ前年から回復

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
1月1日、新華社によると、中国の2017年の映画興行収入は、前年を13.45%上回る559億1,000万元(約9,700億円)を記録した。2016年の伸び率の3倍以上の伸びとなった。写真は13年8月撮影の武漢の映画館 - (2018年 ロイター/Darley Shen)

[北京 1日 ロイター] - 中国の2017年の映画興行収入は、前年を13.45%上回る559億1,000万元(約9,700億円)を記録した。新華社が先月31日に国家新聞出版広電総局の統計として報じた。2016年の伸び率は3.73%と低調だったが、昨年はその3倍以上の伸びとなった。

【動画】「少林武王」シリーズなどのウー・ジン監督・主演!『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』予告編

 このうち、中国映画の収入は301億元で全体の54%を占めた。2016年は58%だった。

[PR]

 中国は、米国に次いで世界第二位の映画市場。

 アクション映画『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』(日本公開2018年1月12日)が興行収入トップで56億8,000万元を稼いだ。

 2016年の興行収入の伸びがさえなかったため、当局は興行収入にオンライン販売チケットのサービス料も含めるよう変更し、これが収入を押し上げたとみられている。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]