ゴールデン・グローブ賞発表!最多は『スリー・ビルボード』作品賞など4部門

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
最多受賞の映画『スリー・ビルボード』より - (C)2017 Twentieth Century Fox

 現地時間7日、第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式が米ロサンゼルスのビバリーヒルトン・ホテルで行われ、マーティン・マクドナー監督の映画『スリー・ビルボード』が作品賞(ドラマ)、女優賞(ドラマ)、助演男優賞、脚本賞という最多4部門で受賞を果たした。アカデミー賞の前哨戦とされるトロント国際映画祭(第42回)でも観客賞を受賞していた話題作だ。

映画『スリー・ビルボード』予告編

 『スリー・ビルボード』は、娘を殺した犯人がなかなか逮捕されないことに業を煮やした母親ミルドレット(『ファーゴ』のフランシス・マクドーマンド)が、米ミズーリ州の片田舎の道路沿いにある巨大な3枚の看板で警察署長への怒りのメッセージを発表したことから始まるクライムサスペンス。脚本も手掛けた『ヒットマンズ・レクイエム』『セブン・サイコパス』の鬼才マクドナー監督は、暴力とブラックなユーモアに包んで珠玉の人間ドラマを描き出した。全てをかなぐり捨てて孤高の闘いを決意するミルドレット役のフランシス、そして暴力的な巡査役のサム・ロックウェル(『月に囚われた男』)の演技は特に素晴らしく、そろってゴールデン・グローブ賞での初の俳優賞を獲得した。

[PR]

 それに続いたのは、ギレルモ・デル・トロ監督作『シェイプ・オブ・ウォーター』とシアーシャ・ローナン主演作『レディ・バード』で2部門受賞。『シェイプ・オブ・ウォーター』は監督賞と音楽賞、『レディ・バード』が作品賞(コメディー/ミュージカル)、女優賞(コメディー/ミュージカル)に輝いた。

 ハリウッド外国人映画記者協会の投票により選定されるゴールデン・グローブ賞。アカデミー賞に次ぐ権威のある賞として知られる。(編集部・市川遥)

第75回ゴールデン・グローブ賞映画部門の受賞結果は以下の通り。
■作品賞(ドラマ)
『スリー・ビルボード』

■作品賞(コメディー/ミュージカル)
『レディ・バード』

■男優賞(ドラマ)
ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

■男優賞(コメディー/ミュージカル)
ジェームズ・フランコ 『ザ・ディザスター・アーティスト(原題) / The Disaster Artist』

■助演男優賞
サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』

■女優賞(ドラマ)
フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』

■女優賞(コメディー/ミュージカル)
シアーシャ・ローナン  『レディ・バード』

■助演女優賞
アリソン・ジャネイ 『アイ、トーニャ(原題)』

■監督賞
ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』

■脚本賞
マーティン・マクドナー 『スリー・ビルボード』

■音楽賞
アレクサンドル・デスプラ 『シェイプ・オブ・ウォーター』

■歌曲賞
「This Is Me」  『グレイテスト・ショーマン』

■外国語映画賞
『女は二度決断する』(ドイツ)

■アニメーション作品賞
『リメンバー・ミー』

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]